映画『許三観』隠れていた監督兼俳優のハ・ジョンウの細かいこだわりに注目

1月22日(木)10時27分 KEJNEWS

【22日=KEJ金善花】ハ・ジョンウ、ハ・ジウォン主演の映画『許三観』が、監督を務めたハ・ジョンウの隠れた能力が込められたディティールで話題を集めている。この映画は特別なものはないけれど家族を見るだけで幸せになる男ホ・サムグァンが11年間息子を育てていたという驚きの事実を知らされる笑いと感動のコミカルヒューマンドラマ。

今までに見たことないようなキャラの濃い父親、話題の俳優達の共演、ほっこりとした笑いと感動で観客の心を掴みにいく映画『許三観』が演出を担当したハ・ジョンウの愛情がこもった劇中のディティールに注目した。

まずハ・ジョンウは得意の絵の実力を発揮してシナリオにサムグァンの絵を描いたそうだ。彼は「ホ・サムグァンは息子と友達のように話し、すねたりも怒ったり意地を張ったりもする、現代においても理想の父親像だと思う」とホ・サムグァンへ愛着を示した。キャラクターを構成しながら、ホ・サムグァンの個性をそのままにイラストに表現して特別な台本を作った。

これにハ・ジョンウは時代的、精巧さに含まれた見どころを加えたホ・サムグァンの村を作るためにスンチョンとハプチョンにオープンスタジオに大規模セットを製作、古風な個性と情感溢れる村が誕生し、見所を増やした。

川を中心に土地を固めて生きていく村の姿と落書きいっぱいの家などハ・ジョンウの目と手が加わってないところはないほどに映画に格別な愛情を注いで誕生したセットは観客の視線を奪っている。

また撮影が始まる前から主演俳優はもちろん、出演陣の衣装をイ・スンヒ衣装監督とともに相談して準備するという情熱見せた彼は、時代的、空間的背景によって違いを持つ衣装をはじめキャラクターの個性を活かしながら、完成度を高めるため努力していた。

「50代、60代がもっと難しく苦労した時代だったが、そんななかでも懸命に人々が生きてきた愛情や温もりがあったと思うし、その姿を描き出せるよう努力した」と映画のリアルな時代表現と美術製作における努力を伝えたハ・ジョンウ。

このように彼の隠れた能力で誕生した映画『許三観』は、50〜60年代を完璧に再現したディティールとともに時代的セットを加え、温かな笑いと感動で観客の反応を引き起こしている。

世界的ベストセラー作家、余華の代表作「許三観 売血記」を原作にしたコミカルヒューマンドラマ『許三観』は、現在韓国で大ヒット上映中である。

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ