ドラマ『スパイ』キム・ジェジュンがペ・ジョンオクに冷たい視線を投げる

1月22日(木)11時12分 KEJNEWS

【22日=KEJ金善花】『スパイ』で親子を演じるキム・ジェジュンとペ・ジョンオクが声高く張り詰めた心理戦を見せる初対立シーンの現場を公開した。

2人はKBS金曜ドラマ『スパイ』でスパイと言う過去を隠している平凡な主婦だったが、息子を守るために再びスパイに戻るヘリムと、仕事中はクールな情報要員だが、母親と恋人の前ではガードをゆるめる愛嬌の多いソヌをそれぞれ演じている。仲のいい親子の姿はお茶の間をほっこりした気持ちにさせている。

しかし23日に放送される『スパイ』の第6話では劇中、仲良し親子だった2人が葛藤する姿が見られた。怒りが込められた表情でペ・ジョンオクを見つめるキム・ジェジュンとピストルを手にして失望したような眼差しを送るペ・ジョンオクの間には冷たい空気が漂っている。

また温かな親子愛を見せていた2人がどうして氷のような視線を送りあっているのか、これからどんな展開になるのか、視聴者はますます目が離せない。

このシーンは13日にキョンギ道水源(スウォン)で撮影された。2人は現場で、「オンマ(お母さんの意味)」「ソヌ」と呼び合い、実際の親子のような姿を見せていた。この日もいつもと変わらず仲良し親子として現場を和ませていた。

撮影が始まるとさっきまでの関係性は一変して互いを失望した眼差しで見つめ合い、冷徹な親子を演じたという。しかしカットの声がかかるとまた元の雰囲気に戻り、お喋りしていたとのことだ。

製作陣は「現場でキム・ジェジュンとペ・ジョンオクの息は本当にピッタリだ。実際の親子のように2人の仲のいい姿は現場の原動力の内の1つだ」と話し、「ソヌとヘリムがどんどん知らなかった秘密を知り、様々な葛藤が生まれていく。2人の熱演を見守ってほしい」と伝えた。

一方、16日に放送された4話ではソヌを盗聴するヘリムがギチョル(ユ・オソン)へ報告しなければならない情報の内、ソヌが危険になるかもしれない情報は削除したことにギチョルが怒りを露にするというシーンが放送された。そしてソヌとギチョルの悪縁が始まりこれから3人の関係はどうなっていくのかと注目が集まっている。

KBS金曜ドラマ『スパイ』の第5話と6話は、23日午後9時30より2話連続で放送される。(写真提供=IMTV、DNコンテンツ、スタジオセブン)

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スパイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ