注目ワード検察・検察官 Twitterで話題・センター試験の世界史で満点 ゲゲゲの鬼太郎・目玉おやじ aibo・お尻をクンクン オウム真理教・裁判 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「愛よ、愛」ソン・ミンジョン“90歳まで演技するつもりです”

Kstyle1月23日(水)15時13分

KBSテレビ小説「愛よ、愛」で気高いトップスターのホン・スンア役を熱演した新人女優ソン・ミンジョンは、実際には無垢な子供のような人だった。インタビューの中で意地悪な質問にも、色々と計算して答えたり嫌がる気配もなく素直に自分の姿を見せた彼女は、純粋で飾り気のない女優だった。



ソン・ミンジョンが熱演したホン・スンアは派手な人生を夢みる70年代の進歩的な女性で、率直かつ堂々とした姿が目立つ人物である。実際のホン・ミンジョンは、ホン・スンアに半分だけ似ている。彼女はホン・スンアのように正直だが恥ずかしがりやで、雨の日に一人で雨音を聞く些細なことに幸せを感じると言った。



このように意外な魅力を持ったソン・ミンジョンは韓国で4日に放送を終了した「愛よ、愛」で初めてドラマの主演になり、目まぐるしく忙しいが幸せな日々を送った。彼女は「愛よ、愛」を一番愛着のある作品だと紹介し、全175話という長い撮影を終えた後の寂しい気持ちを語った。



「『愛よ、愛』は一番愛着のあるドラマです。全175話という長いドラマで、共演した俳優たちともとても仲良くなりました。スンアという役がとても好きで永遠に終わらないのではないかとも思いました。最後の撮影を終えてからはすっきりした気持ちでしたが、実際に最終話が放送された時は胸に穴が開いたように寂しくなりました。もう本当にスンアを離さなければならないので」




毎日放送される朝ドラマは、長い期間をかけて撮影が行われる。特に、出番の多い主演俳優として途中であきらめたい気持ちになることもあったはずだが、ソン・ミンジョンは肯定的なマインドで早起きが一番大変だったと言いながら子供のように純粋な笑顔を見せた。



「撮影が行われた時は、辛くはありませんでした。逆に初日が大変でした。今まで楽しく撮影に臨んだのですが、初日はまだ共演俳優にも慣れず、色々と環境が整うまでとても時間がかかりました。それでも何より大変だったのは本当にたくさん寝る方なのに、朝早く起きなければならないことでした」



劇中でソン・ミンジョンは相手役のオ・チャンソク(パク・ノギョン)に積極的にアプローチする。これについてソン・ミンジョンは片思いをする演技がとても大変で、実際には一度も片思いをしたことがないという意外な事実を話した。彼女は、自身の恋愛について話す時も恥ずかしく思っていないように見えた。



「劇中ではホン・スンアに色々なことが起きますが、片思いの演技をする時は本当に大変でした。私は、断られることを恐れてこれまで一回も片思いをしたことがありません。演技をしながら片思いをする人の気持ちを理解するために努力しましたが、実際にはまだできないと思います。私の人生において片思いはただ想像するだけのことです。恋愛をするときも消極的で相手を傷つけることがたくさんあったと思います」



ソン・ミンジョンは堂々とした魅力を持つホン・スンア役をはじめ、MBCドラマ「神々の晩餐—シアワセのレシピ—」では可愛いチョン・タウン役を、ケーブルチャンネルOCN「ヴァンパイア検事」ではセクシーなトップ女優ソ・ジヨンを、MBCドラマ「可愛いあなた」ではお転婆なパク・ナヨンを熱演した。このように多様なキャラクターを演じてきたソン・ミンジョンは、これからはコミカルな演技に挑戦したいという希望を覗かせた。



「コミカルな演技がしてみたいです。私は壊れる役も演じることができます。例えば、MBCドラマ『ファンタスティック・カップル』に登場するナ・サンシルのようなキャラクターが演じたいです。やらせてください(笑)」




たくさんのアイドルがドラマや映画を通じて演技に挑戦するこの頃、もしかしたらアイドルとしてスタートする方が有利なのかもしれない。だが、ソン・ミンジョンは一段階ずつ着実にキャリアを積んできた。アイドルになるつもりはないのかという質問にはきっぱりと「ノー」を叫んだ。



「アイドルをやれと言われてもするつもりはありません。少しバカみたいですが、これまでずっと演技だけに集中してきました。前は私もせっかちになったり、落胆したりしましたが、今振り返ってみると一段階ずつ進んできたことが今の私の強みで、競争力になったと思います」



インタビューが行われている間ずっと演技への愛情と欲を見せたソン・ミンジョンは、俳優キム・ユンソクと共演したいという希望を語った。また、彼女は年齢差は問題にならないというオープンマインドを持っていた。



「キム・ユンソク先輩と恋人、または親子、兄弟の演技がしてみたいですが、その中でも恋人役を一番演じてみたいです。キム・ユンソク先輩が朝ドラマに出演した時からずっとファンでした。その後も作品を見るたびに感心しましたし、一緒に息を合わせたいといつも思っていました。キム・ユンソク先輩との年齢差は問題にならないと思います」



根っからの女優ソン・ミンジョンの演技に対する覚悟にはすごいものがあった。彼女は単純に人気を得て有名な女優になることに止まらず、体力が許す限りできるだけ長く役者として働きたいと言った。また、海外の映画祭で演技力を認めてもらいたいという欲もあった。



「カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞することが私の最終的な夢です。そして90歳まで演技をするつもりです。その時は、お婆さん役を演じればいいでしょう。お婆さんの演技にも自信があります。例えば、映画「ポエトリー アグネスの詩」のユン・ジョンヒさんのような役です。また、もう一人のお手本を挙げればユン・ヨジョンさんです。ユン・ヨジョンさんは、これからの私の演技人生の道しるべのように思っています」
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle
注目ニュース
出川哲朗「ビットコイン」の暴落でなぜかネットで袋叩きに! アサジョ1月19日(金)18時14分
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の価格が乱高下している。昨年12月には1ビットコイン当たり230万円超の高値をつけたが、今月17…[ 記事全文 ]
猫娘が8頭身の美少女に 「ゲゲゲの鬼太郎」6期での変貌ぶりに「初代とは別物」「かわいすぎ」「猫娘がヒールを履く時代」 BIGLOBEニュース編集部1月19日(金)13時21分
水木しげるさん原作のTVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第6期が、フジテレビなどで4月から放送されることが決定した。同時にキャラクターデザインも…[ 記事全文 ]
安田美沙子、夫不倫の“その後” ナリナリドットコム1月19日(金)22時11分
タレントの安田美沙子(35歳)が、1月19日に放送されたバラエティ番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)に出演。2016年12月に発覚し…[ 記事全文 ]
YOSHIKI「お話ししましょう」小室に呼び掛け 日刊スポーツ1月19日(金)21時15分
19日の小室哲哉(59)の引退発表を受けて、XJAPANのYOSHIKIがこの日、ツイッターを更新し、「小室さん、大丈夫ですか?お話ししま…[ 記事全文 ]
『アンナチュラル』石原さとみ配役の「不自然さ」囁かれる まいじつ1月19日(金)21時0分
(C)まいじつ石原さとみ主演の連続ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)に対して、辛辣な意見が飛び交っている。このドラマは、不自然な死を遂げ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア