ミス日本2017グランプリは京都出身の阪大生、高田紫帆さん ミス着物とダブル受賞

1月23日(月)17時19分 MAiDiGiTV


 「第49回ミス日本コンテスト2017」(ミス日本コンテスト事務局主催)の最終審査が23日、東京都内で行われ、グランプリに京都府出身で大学2年生の高田紫帆(たかだ・しほ)さん(20)が選ばれた。高田さんは「ミス日本ミス着物」にも選ばれ、ダブル受賞となった。

 グランプリの証しである打ち掛けと王冠、たすきを贈られた高田さんは「このような光栄な賞をいただき光栄に思っています。ありがとうございます。(ミス日本の)勉強会でお世話になった先生方、たくさんいろいろな場所に連れて行ってくださった事務局の方々に感謝の気持ちでいっぱいです」と喜び、涙ながらに「素晴らしい12人のファイナリスト、この舞台に立てたことが私の一生の財産だと思います」と語った。

 高田さんは、身長172センチ。大阪大学文学部人文学科2年。小学生のころから陸上に打ち込み、中学時代にはジュニアオリンピックに出場した経験がある。弟は2016年のサッカーU16日本代表招集選手の高田侑真選手。

 準ミス日本は大阪出身で大学4年生の宮西伽奈(みやにし・かな)さん(23)が選ばれた。ミス日本「海の日」は滋賀県出身で歯科医師の三上優(ゆう)さん(25)、ミス日本みどりの女神は千葉出身でアルバイトの野中葵(あおい)さん(20)、ミス日本「水の天使」は長崎出身で大学3年生の宮崎あずささん(23)が選ばれた。三上さんは昨日行われた同コンテストの前夜祭で、過去のミス日本各賞受賞者が選ぶ「ザ・ブリリアント賞」にも選ばれた。特別賞「和田静郎特別顕彰ミス日本」は該当者なしだった。

 またこの日、同コンテストの50周年を記念したドキュメンタリー映画の制作が発表された。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ミス日本をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ