鈴木伸之、『東京喰種2』亜門鋼太朗役続投! 喰種を追いつめていく

1月23日(水)8時0分 マイナビニュース

劇団EXILE鈴木伸之が、窪田正孝主演の映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』(7月19日公開)に続投することが23日、明らかになった。

同作は、石田スイによる累計発行部数3700万部を誇る同名コミックを実写化。これまでTVアニメ化、舞台化、ゲーム化など、さまざまなメディアミックスが展開され話題を呼んできた。物語の舞台は、食人の怪人"喰種(グール)"が潜む東京。ある喰種の臓器を移植されたことで、喰種と化してしまった大学生・金木研(カネキ/窪田正孝)が戦いの中で自分自身と向き合っていく。

カネキの最大の宿敵である喰種・月山習役に松田翔太、ヒロインの霧嶋董香役に山本舞香、西尾錦役に白石隼也、永近英良(ヒデ)役に小笠原海と、出演者が発表されていた同作。鈴木は、高い格闘能力を持つCCG(喰種対策局Iのエリート捜査官、亜門鋼太朗役を、前作に続いて演じる。前作では、カネキとの白熱のバトルシーンも話題となった亜門。尊敬していた捜査官・真戸(大泉洋)を失い、さらに強く、彼なりの正義感を持って喰種を追いつめていく。
○鈴木伸之コメント

前作に引き続き、本作にも出演させていただきとても嬉しいです!
僕は、今回も亜門鋼太朗を演じています。
世界的にも読まれている原作と前作に引けを取らない壮大な世界観を改めて楽しみに見て頂けたらと思います。

マイナビニュース

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ