声優・蒼井翔太、12thシングル「BAD END」を4/29発売!ツアー追加公演決定

1月23日(木)10時0分 マイナビニュース

声優、そしてアーティストとして活動中の蒼井翔太が、自身12枚目となるシングルの詳細を発表。待望の最新シングルのタイトルは「BAD END」で、2020年4月29日(水)のリリースとなる。

今作のタイトルトラックは、2020年4月からの放送開始が予定されているTVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』のエンディングテーマとなる。乙女ゲームの悪役令嬢に転生した主人公が、待ち受ける破滅フラグを回避して幸せな未来を掴み取るべく奮闘するラブコメディで、蒼井自身もジオルド・スティアート役で出演。ゲームを想起させる意味深なタイトルでエンディングを飾る蒼井の楽曲に期待が高まる。詳細は公式サイトにて。
○●ライブツアーの追加公演が決定

さらに、今年5月よりスタートする最新ライブツアーの追加公演となる、「蒼井翔太 LIVE 2020 WONDER lab. DIMENSION+」の開催が決定。本ツアーは神奈川公演をはじめ、各会場の公演チケットが続々完売となっている中、ファン待望の追加公演となる。

『次元』や『広がり』といった意味を持つ“DIMENSION”を冠とし、次の『次元』を目指してさらに拡張していくという決意が込められたツアーの追加公演は、今年の春に新設されるアリーナ会場「東京ガーデンシアター」での開催となる。

追加公演のチケットは蒼井翔太オフィシャルファンクラブにて1月24日(金)15時より先行抽選受付が開始。また、ライブツアー本公演の一部会場はチケット一般発売中のため、こちらもあわせてチェックしておきたい。

マイナビニュース

「声優」をもっと詳しく

「声優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ