叶美香、悩みをかかえるセレブに「御茶ノ水ロック」でキーパーソン

1月23日(火)17時0分 モデルプレス

叶美香が出演/「御茶ノ水ロック」第2話より(C)御茶ノ水ロック製作委員会

写真を拡大

叶美香/モデルプレス=1月23日】テレビ東京にて放送されている、TVドラマ&舞台連動企画「御茶ノ水ロック」(毎週水曜深夜2:35〜)のTVドラマ第2話(1月24日放送)のあらすじ・場面写真が公開された。

◆「御茶ノ水ロック」

「御茶ノ水ロック」は、すれ違ってしまった兄弟の絆を軸にロックバンドにかける男たちの青春を描くオリジナル企画。メインキャストはドラマと舞台両方に出演し、吹き替えなしでバンド演奏に挑戦。舞台でも当て振り無しの生バンド演奏に挑む。

◆叶美香が登場

第2話では、悩みをかかえたセレブとして叶美香が出演。物語の中で窮地に陥るDYDARABOTCHメンバーにとってのキーマンとなる役を演じている。

そして今回は、叶演じるセレブ女性が佐藤流司演じる始に何かを相談している姿や、ボーカル脱退で途方に暮れるDYDARABOTCHのメンバー、さらに前山剛久演じる奈良が怪訝な表情を浮かべる様子など、物語の展開が気になる場面写真が公開された。(modelpress編集部)

■第2話 あらすじ

ボーカルが脱退し、ギターの片山始(佐藤流司)が歌うと宣言したダイダラボッチだったが、スタジオでの練習を終えて帰る途中、ベースの新田誠(松本岳)やドラムの乾慎吾(宮城紘大)は始の歌下手だ、とダメ出し。新ボーカルを探そうと提案までする始末。始は不満顔だ。始のバイト先でもある「バー・サウスポー」のマスターのマサ(中西良太)のアドバイスもありオーディションを、と盛り上がる中、奈良悠介(前山剛久)の携帯が鳴る。その電話の相手は……。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「ロック」をもっと詳しく

「ロック」のニュース

BIGLOBE
トップへ