くみっきー、ギャルメイク復活「懐かしい」「何も変わってない」と驚きの声

1月23日(木)19時19分 モデルプレス

舟山久美子(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2020/01/23】モデルでタレントの“くみっきー”こと舟山久美子が、自身のYouTubeチャンネルにてギャルメイクに挑戦。そのメイク動画に反響が寄せられた。

◆くみっきー、ギャルメイクに挑戦

雑誌「Popteen」専属モデルを務め、“ギャルの神様”と称されたくみっきーは9日、ギャルメイクに挑戦した動画を公開した。

ギャルメイクはファンから要望が多かったそう。メイクをするにあたって、自身が初めて表紙を飾った同誌を手に持ち、「『Popteen』出始めて半年も経ってなかったかな」としみじみ。「こんな感じで10年前は、私もギャルをしていたのでこの時のメイクを実際にやっていきたいと思います」と切り出し、ベースメイクを終わらせた状態から、15mmのカラーコンタクトを付けた。

続けて、眉毛を描きながら「ギャルメイクって目元以外はざっくりなんですよ」と説明。そのまま眉毛から鼻先までノーズシャドウを塗り、小鼻を重点的にすると鼻筋がシュッとするという。アイメイクは、ラメのアイシャドウを使用。目頭を広めに塗り、タレ目になるよう入念に。涙袋は白とピンクのアイシャドウを混ぜてぷっくりさせ、グレーの色で目元を締めていた。

◆くみっきー、みちょぱ&ゆきぽよを絶賛

さらに「アイライナーはそんなに(今と)変わりないかな」といい、つけまつ毛のことを考え、太めのアイライナーでメイク。目尻を垂れさせ、切開ラインや下まぶたの部分も丁寧に描いていた。

ギャルメイクで重要なつけまつ毛を付ける際、ノリは毛先に付けることを説明。「目尻は上がっちゃうとつり目っぽく見えちゃうので、下側にノリを付けます」とポイントを明かし、ゆっくりと付けていた。

反対側も同様につけまつ毛を付ける間、「ギャルの子って可愛いんですよね」とポツリ。「みちょぱは大人ギャルになってきたけど、みちょぱも会うと可愛いってなるし、ゆきぽよも最近よくお仕事でご一緒するんですけど、ほんと元気。明るくって」とギャルモデルとして活躍する、みちょぱとゆきぽよを絶賛した。そしてアイメイク終了後、チークを目が大きいことを考慮し、少し上めにのせた。

最後に髪の毛も当時の巻髪ヘアにして、頭の上でダブルピースする“くみっきーポーズ”を披露。「どうなることかと思ったんですけど、やっぱつけまつ毛ってかなり大事です」と話し、「つけまつ毛を付けたことにより、私は10年前の姿を取り戻すことができました」とニッコリ。

メイクを終え、「やっぱりコンタクトとつけまつ毛とチークは、すごい重要なポイントなんだなってわかりました」と満足気に語った。

今回のギャルメイク動画にファンからは「憧れのくみっきーのギャルメイク…!」「懐かしい!」「よく真似してたな〜」「変わらず綺麗!」「あの頃と何も変わってない…すごい」など絶賛の声が相次いだ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「メイク」をもっと詳しく

「メイク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ