「下手したら死ぬ」はじめしゃちょーのドッキリ動画に批判が続出

1月23日(水)11時3分 まいじつ


(C)STUDIO GRAND WEB / Shutterstock



1月22日、ユーチューバーのはじめしゃちょーがYouTubeに投稿した動画が物議を醸している。寝ている仲間を強引に起こすドッキリ動画。視聴者は「相変わらず面白い」と太鼓判を押した一方で、「下手をしたら心臓発作で死ぬレベル」と仲間の体調を案じる声が出た。


【関連】「なめすぎ」!? HIKAKINイジる明石家さんまにネット猛反発 ほか


はじめしゃちょーは22日の動画で、「銅鑼(どら)」を購入したと報告。学校の吹奏楽部でも使われる銅鑼だが、購入したものは40万円するという。はじめしゃちょーいわく、3、4年前にも銅鑼を1回4万円でレンタルしたというが、「10回使えばレンタルするより断然お得」と、購入した動機を口にした。



吹奏楽の「銅鑼」鳴らし、仲間を起こすドッキリ披露


はじめしゃちょーは購入した銅鑼を寝ている仲間「たて面ステーション」のもとに持ち込み、電気を付けて全力で鳴らした。部屋中に重低音が鳴り響き、仲間は目をキョロキョロしながら飛び起き、胸を押さえながら音の大きさに驚いた。「マジでヤバい。響いた。声が出ないッすよ」と嘆く仲間に、はじめしゃちょーは大笑い。再び銅鑼を鳴らすところで動画は終了した。


視聴者は「寝起きドッキリ」に大笑いした様子だったが、一部からは批判も噴出した。



《笑い事じゃない。急激なショックで目覚めると脳にダメージがかかって記憶力が下がり、認知症のリスクが高まる》

《普通に危ない。やめたほうがいい》

《ガチで寿命が縮みそうなやつ》

《朝なので近所迷惑だと思います。せめて朝にならすのはやめて》



また、吹奏楽部出身者とみられるユーザーも不満の声を漏らしている。どうやら、はじめしゃちょーの銅鑼の扱いが気に入らなかったようだ。



《銅鑼は素手で触ると良くない。音を止めるときはマレットで円を描くように止めて》

《銅鑼の中心を叩いている》



前回の動画では7万円するテントを購入していたはじめしゃちょー。財力は相変わらずだが、ドッキリ企画ばかりではユーザーの支持は続かないかもしれない。



【画像】


STUDIO GRAND WEB / Shutterstock


まいじつ

「はじめしゃちょー」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「はじめしゃちょー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ