袴田吉彦の“アパ不倫”相手がTVで赤裸々告白

1月23日(月)15時26分 ナリナリドットコム

俳優・袴田吉彦(43歳)の“アパ不倫”相手こと、グラビアタレントの青山真麻(32歳)が、1月23日に放送されたバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)独占でVTR出演。袴田の不倫についてなど、赤裸々に告白した。

元週刊文春記者の中村竜太郎氏と一対一でのインタビューに登場した青山は、大きな眼鏡をかけ、Twitterに掲載されているプロフィール写真とは異なる印象。現在の職業について聞かれると「アルバイト」と答え、月に2回ほどグラビアモデルとして撮影会を行っていることを明かした。

今回、「週刊新潮」に売り込む形で、袴田の“アパ不倫”を暴露したことについて、ネットなどでは「売名行為」との批判も多く上がっているが、この点を青山は「ここまでの騒ぎになってしまったら、それだけ多くの人がいろいろ言っているとは思うので、不倫自体良い風に言われないのはわかっているので」と、売名と叩かれることも仕方ないと考えているという。

そもそもなぜ不倫の告白に踏み切ったのか、その理由については「正直、こんなに話が大きくなるとは全く想像していなくて。それを望んでいたわけでもないんですけど。結果的に売名行為っていう言われてしまう、ここまで騒がれてしまったらそうかもしれないんですけど、どっちかと言えば、彼に気付いて欲しかったな、という気持ちがありました」とのこと。

さらに「私は、一番本人に気付いて欲しかったなっていう気持ちで新潮さんの取材を受けたのがきっかけなので…注目されたから売名になった、結果なったと思うんですけど、私は本人にメッセージを伝えたかったな、という気持ちです」と、決して自分が有名になりたいと思ったからではなく、袴田に自分を思い出して欲しかったという部分を強調した。

雑誌に売り込むことへの罪悪感は「少しはあった」そうだが、かなり詳細に語ったことは「ウソをつきたくなかった」からだという。そして、誌面に掲載された袴田の寝顔写真は「単純に寝顔がかわいかったので(撮った)」と告白した。

結果的に、今回のことは「良かったという一言では言えないですけど、チャンスをもらったのかな、という感じです。たくさん、これからも取材を受けたりとか、テレビに出たりとか、そういうチャンスがあればしっかりやっていきたいなと思いました」と、踏み台にして芸能活動を本格化させたい意向のよう。出たい番組は「しゃべくり007」(日本テレビ系)、目指してる女優は「昔から深田恭子さん」とも明かした。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

不倫をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ