ダンボールでできたファミコンがすごい、しかもこいつ……動くぞ

1月23日(火)15時8分 おたくま経済新聞


 ダンボールで作った工作物を使って遊ぶNintendoSwitchの新しいゲーム『Nintendo Labo (ニンテンドーラボ) 』が発表となり話題となっていますが、ダンボールを使って作られたいにしえのゲーム機が実に精巧にできていると話題です。

 ダンボールクラフターとしていくつもの作品を制作、その様子などをニコニコ動画にも配信しているうぷあざ棟梁さんの作品。

「ダンボールとニンテンドースイッチを組み合わせた『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』が話題ですが、とりあえず私のダンボールファミコンとゲームボーイアドバンスを見てくれ!」と作品をツイッターに投稿しています。



 その作品、色はダンボールそのものですが、形はまさにあの懐かしのファミコンとゲームボーイアドバンス。しかも、このファミコン……何かコードが出てる。これはいったい……?





 実はこのダンボールファミコン動くんです。操作はコントローラーの十字キーで電源はカセットに仕込まれた乾電池。このカセットも本物そっくり。しかも乾電池の交換がしやすいように脱着可能。どこまでも本物に寄せて作られています。ちなみにファミコン本体がそのままウィーンと走るのですが、その電源スイッチもファミコン本体の電源スイッチを操作する事でオンオフ可能というこだわりぶり。背面の各種スイッチ部分もそのまま再現されています。



 このファミコンが作られた動機というのが、本物のファミコンを改造して作られた動くマシンに自作のダンボール戦車が負けたからという……方向性、そっち??

そしてゲームボーイアドバンスはというと、こちらもどこまでも本物そっくり。本体のなめらかな曲線も見事に再現されておりカセットも取り外しできてしまうという芸の細かさ。

 背面の電源コネクタの部分もそのまま電源コードが差せそうなくらい完璧。これ画面が液晶だったらそのまま動かせるんじゃ?とつい思ってしまうくらいです。





 この作品を作る過程はニコニコ動画で公開されています。また、他の作品も残らずハイクオリティで見たらびっくりさせられますよ。

ダンボールで作ったファミコンで本家ファミコンラジコンと対戦!(前編)

<記事化協力>

うぷあざ棟梁(ダンボール建築の人)さん(@upaza_toryo)

(梓川みいな)

おたくま経済新聞

「ファミコン」をもっと詳しく

「ファミコン」のニュース

BIGLOBE
トップへ