『マンダロリアン』第5話にミンナ・ウェン初登場 SWファンにおなじみのあの惑星も

1月23日(木)12時0分 オリコン

『マンダロリアン』(ディズニーデラックスで国内独占配信中)第4話より。僻地の惑星で村人たちと触れ合うザ・チャイルドが「かわいすぎる!」と話題に(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真を拡大

 「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズとして、ディズニーデラックスで独占配信中の『マンダロリアン』(毎週金曜、最新エピソードを配信※全8話)より、第4話(配信中)のあらすじと場面写真が解禁された。後半戦に突入する第5話(24日 前0:00〜)には、人気ドラマ 『 マーベル エージェント・オブ・シールド』メリンダ・メイ役で知られるミンナ・ウェンが凄腕の殺し屋役で登場。さらに、スター・ウォーズファンにはおなじみの“あの惑星”が出てくるエピソードとなっている。

 『マンダロリアン』は、帝国の崩壊から約5年後、ファースト・オーダーが台頭する前の時代に、掟(おきて)に背いた孤独な賞金稼ぎ(バウンティハンター)の壮絶なる闘いの物語。

 第3話でザ・チャイルドを救出したマンダロリアンは、追っ手から逃れるために僻地の惑星にやって来る。そこで、旧知の元軍人キャラ・デューンが居るのを目にする。争いを避けるため出て行こうとするマンダロリアンだったが、地元民から村を侵略者から守ってほしいと依頼される。

 報酬は少なかったが、隠れ家を探していたマンダロリアンは依頼を受け、キャラ・デューンも誘って村に向かう。だがそこで敵が帝国軍の兵器AT-STまで備えている事を知り、とても勝ち目は無いと思ったマンダロリアンたち。一時は依頼を断ろうとしたが、村人たちに懇願されて再び作戦を練って戦う事に。その一方で、ザ・チャイルドを狙う新たな賞金稼ぎの気配もすぐそこまで忍び寄っていたのだった 。

 僻地の惑星で村人たちと触れ合うザ・チャイルドが「かわいすぎる!」と話題になった第4話。このエピソードで初登場したキャラ・デューンを演じるのは『ワイルド・スピード EURO MISSION』や『デッドプール』などに出演したジーナ・カラーノ。格闘家としても有名な彼女の、スタントマン無しの豪快なアクションシーンが作品を盛り上げた。

 そして、第5話は…。「今回マンダロリアンは我々がとても良く知っている惑星に降り立つ。そこで『エージェント・オブ・シールド』のファンなら誰もが知って い る人物に出会うのだ 」 (TV LINE)、「この作品の力を証明した。我々が知らない惑星やキャラクターの所に連れて行ってくれるだけでなく、我々が既に知って いる世界にも連れて行ってくれるのだ」(Deseret News/Salt Lake City)、「ユーモアとアクションとSW要素の完璧なミックス。ペドロ・パスカルの自然な演技も相変わらず印象的だ」(Forbes)と、全米メディアも大絶賛。

 第5話は、第1話と同じくデイブ・フィローニが監督したエピソード。新たな登場人物、凄腕の殺し屋フェネックを演じるミンナ・ウェンが出演する『マーベル エージェント・オブ・シールド シーズン6』も第5話と同じ24日よりディズニーデラックスで国内最速配信 (※定額制動画配信サービスにおいて)が始まる。以前には、1998年に公開された長編アニメーション作品『ムーラン』で主人公のムーランの吹き替えも務めている。ミンナ・ウェンが演じる‟凄腕の殺し屋フェネック“とは一体どんな人物なのか? おなじみの惑星を舞台に繰り広げられる新たなエピソードに注目だ。

 24日に最新エピソードとなる第5話を配信後も、毎週金曜日に新しいエピソードを配信。全8話。現状『マンダロリアン』のBlu-ray/DVD化の予定はない、とされている。

オリコン

「惑星」をもっと詳しく

「惑星」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ