注目ワードベトナム・ベトナム人 逮捕・疑い ニコニコ動画・けものフレンズ 叙勲・生まれてきて良かった 希望の党・小池 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

小説家より稼げる!?  『DEATH NOTE』や『美味しんぼ』など…“マンガ原作者”の儲けのからくり

おたぽる1月23日(土)18時0分
画像:【左】『美味しんぼ』111巻(小学館)、【右】『DEATH NOTE』1巻(集英社)
写真を拡大
【左】『美味しんぼ』111巻(小学館)、【右】『DEATH NOTE』1巻(集英社)

『美味しんぼ』(小学館)、『北斗の拳』『DEATH NOTE』(共に集英社)といったヒット作に共通するのは、作画とは別にストーリーを考える“原作者がいること”。いわゆるマンガ原作者だが、21日放送の『ヨソで言わんとい亭〜ココだけの話が聞ける(秘)料亭〜』(テレビ東京系)では、『ザ・シェフ』(日本文芸社)などで知られるマンガ原作者・剣名舞氏が“マンガ原作者の儲けのからくり”を暴露した。

 剣名氏いわく、マンガ原作者は「小説家より稼げる」のだとか。昨年、芥川賞を受賞したピース・又吉直樹の『火花』(文藝春秋)が200万部の大ヒットを記録したが、小説で100万の大台を超えるようなヒット作はごくわずか。しかし、「数百万部を超えるマンガは多数」と剣名氏は語る。たしかに、「オリコン 2015年 年間本ランキング」のコミック部門(作家別)を見てみると、推定売上部数1,410万超えの『ONE PIECE』(集英社)、1,030万超えの『七つの大罪』(講談社)など、マンガは小説とは比べ物にならない部数を売り上げている。

 よって、「小説家よりもマンガ原作者のが稼げる」と語る剣名氏。番組でも紹介されていたが、改めてマンガの印税システムを紹介すると、単行本1冊につき10%(500円なら50円)の印税が入るというシステム。

 作画と原作が分かれている場合は、一般的に折半(5%)となるのだが、過去に『テラフォーマーズ』(集英社)の原作者・貴家悠氏がテレビ番組で「作画の橘賢一のほうが多い」と語っており、作品や作家によって異なるケースもあるようだ。ちなみに、貴家氏と共演した『味いちもんめ』(小学館)の作画・倉田よしみ氏によると、マンガの印税は売上ではなく、印刷した部数が作家の元に入るのだとか。

 剣名氏は、原作を担当した『ザ・シェフ』が3,500万部を売り上げたので、およそ7億円の印税を得たと推定できるが、剣名いわく「自分より印税をもらっているマンガ原作者はたくさんいる」とのこと。番組では、累計1億3,000万部の『美味しんぼ』は32億5,000万円、累計9,000万部の『金田一少年の事件簿』(講談社)は22億5,000万円、累計6,000万部の『北斗の拳』は15億円がマンガ原作者の元に入ったと紹介された。

 ほかに、番組では紹介されなかったマンガ原作者付きの作品を見てみると、

・『DEATH NOTE』(作画:小畑健、原作:大場つぐみ/集英社)
累計発行部数 3,000万部/マンガ原作者の推定印税 約6億円

・『ヒカルの碁』(作画:小畑健、原作:ほったゆみ/集英社)
累計発行部数 2,500万部/マンガ原作者の推定印税 約5億円

・『地獄先生ぬ〜べ〜』(作画:岡野剛、原作:真倉翔/集英社)
累計発行部数 2,000万部/マンガ原作者の推定印税 約4億円

・『キャンディ・キャンディ』(作画:いがらしゆみこ、原作:水木杏子/講談社)
累計発行部数 1,200万部/マンガ原作者の推定印税 約2.4億円
(※編集部調べ)

 という数字に。もちろん、これらはある程度ヒットしてこその数字だが、剣名氏の“小説家よりも稼げる”という発言は、あながち間違ってはいないことをうかがわせる。

 ほかにも、剣名氏はマンガ原作者にもパチンコのキャラクター使用料が「1台あたり数千円×出荷台数」で入ることや、コンビニで売られている「廉価版コミック」は、エピソードを組み替えて何度も再販できる上、古い作品でも印税収入が見込めるということも語った。

 そんなマンガ原作者、現在「TL(ティーンズラブ)マンガ」で需要が高まっているという。スマホの普及で、書店では購入できないという読者が電子版を購入するケースが増えているそうで、設定や話を考えるマンガ原作者のニーズが高まっているのだとか。

 剣名氏は「マンガ原作者は誰でもなれる」と語っていたので、興味がある人は門を叩いてみてはいかがだろうか。

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

この記事のトピックス

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
滝沢カレンの「無礼さ」に非難集中 まいじつ9月26日(火)11時15分
(C)Shutterstock9月25日にバラエティー番組『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)のスペシャル版が放送された。[ 記事全文 ]
マツコ、夢かなって力士姿に大変身 有吉「本物だよ!」と絶賛 オリコン9月26日(火)9時14分
タレントのマツコ・デラックスが、かねてから熱望していた“大銀杏を結う”という夢を実現させた。[ 記事全文 ]
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
後藤久美子の娘・エレナさんが日本デビュー&メディア初登場 10・1オスカー所属へ オリコン9月26日(火)4時0分
元F1レーサーのジャン・アレジ氏(53)と女優・後藤久美子(43)の長女・エレナアレジ後藤さん(20)が、10月1日より母・久美子をはじめ…[ 記事全文 ]
アレク、第1子の名前の由来明かす モデルプレス9月26日(火)11時23分
【アレクサンダー/モデルプレス=9月26日】元AKB48メンバーで実業家・川崎希の夫でモデルの“アレク”ことアレクサンダーが25日、自身の…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア