島崎遥香、本郷奏多とのキスシーンにファン騒然! ドSキャラで新規ファン獲得!

1月23日(火)14時0分 おたぽる

『リピート〜運命を変える10か月〜』(日本テレビ系)公式サイトより

写真を拡大

ぱるる”の愛称で親しまれる女優の島崎遥香が、11日に放送されたドラマ『リピート〜運命を変える10か月〜』(日本テレビ系)で、恋人役を務める本郷奏多とキスシーンを披露。ファンからは、「ぱるるとキスできるなんて羨ましい!」「世界一の幸せ者め!」などと嫉妬の声が飛び交った。

「同ドラマは、10カ月前に戻るチャンスを得た人々に訪れる数奇な運命を描いた、SF風味のサスペンスミステリー。島崎は、本郷が演じるキャバクラのボーイ・毛利圭介の恋人役で出演しました。さらにベッド上でキスだけでなく、積極的に押し倒すシーンまで描かれましたから、『もしや、このままラブシーンに突入!?』とファンは騒然となったのですが、それは回避。しかし、紛れもなく唇はくっつき合っていましからね」(芸能関係者)

 キスだけでもファンにとっては衝撃的だったが、その後、島崎は本郷の首を絞めたり、首輪をつけたり、札束で頬を叩いたりと、ドSっぷりを発揮するストーリーが展開された。

「島崎が演じる町田由子は、独占欲とSっ気が強く嫉妬深いお嬢様、というキャラクター。キスシーン直後には、本郷の首を絞めて苦しむ姿に喜悦の表情を浮かべたり、本郷に首輪をつけ、『私の犬だって証拠』と言い放ったかと思うと、『ほら、ワンって言いなさいよ』とその頬を札束で叩くシーンが描かれました。その真に迫った演技で従来のファンだけでなく、Mっ気の強い男性をも惹きつけ、『忠実な犬になるので飼ってください!』『ぱるる様に虐げられたい』などと、新規ファンを獲得することにも成功したようです」(同)

 今後、貫地谷しほりが演じる篠崎鮎美と圭介の仲を疑い、嫉妬によって由子の行動はさらに過激さを増していくということで、それに比例して新規ファンも増していくことになるかもしれない。

おたぽる

「キス」をもっと詳しく

「キス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ