ホリエモンと乙武洋匡氏が語る要介護受刑者の抱える問題

1月23日(水)7時0分 NEWSポストセブン

 長野刑務所に収監されているホリエモンこと堀江貴文氏の元には頻繁に面会者が訪れる。シャバにいた頃の人脈の豊富さからか、有名人の面会者も多く、今回はスポーツライターの乙武洋匡氏が長野を訪れた。乙武氏の巧みな“インタビュー”により、ホリエモンが思わず吐露したのは、刑務所内にいる“要介護の受刑者”に関すること。ホリエモンは「これは社会問題ですよ!」と語る。『中川淳一郎のネットとビールの愉快な話 by NEWSポストセブンVol.3』では、塀の中だからこそわかった問題点を二人が語り合っている。


 * * *


 こんにちは! メルマガ『堀江貴文のブログでは言えない話』の編集Sです。今回は、昨年最後の面会者となった『五体不満足』の著者でスポーツライターの乙武洋匡さんと御大のやりとりをレポートします!


 乙武さん、面会の前日は沖縄にいらっしゃったようです。ツイッター上で「だれだ、沖縄の翌日に長野出張とか組んだのは…。手足が、かじかんでしょうがない(´Д`)」と、なんとも返答に難しいお言葉を披露されておりました…。とにもかくにも、わざわざ長野にまで来てくださったのは、本当にありがたい限りであります。


 さて、面会では主に御大が仕事をしている養護工場の話が中心となりました。御大はこの工場で車椅子の受刑者を介護しているのです。乙武さんの「僕が中に入ったら、何が困りますか?」という質問に、御大は悩みにも似た心境を吐露し始めました。


「乙武さん? 困らないと思いますよ。というか、放置されるんじゃ? 乙武さんは手がかからない人ですから。一番手がかかるのは、心の問題を抱えた人。それが原因で犯罪をしている人もいますし。時間の問題から急いで介護をすると、それに腹を立てる人もいる。でも、時間が決められているから、どうにもできないんですよ」


 シッカリ介護をしてあげたいけど、限られた時間の中では難しい。そんなジレンマに御大は苛まれていたのです。そして、彼らと触れ合う中で、こんな思いを抱くようになったようです。


「彼らは自ら動く意欲を失っていて、心の中がドロドロと渦巻いているんだと思う。『五体不満足』とか乙武さんの書籍を持っている人はいますけど、本を読んでも心のなかではケッとか思っているはず。だから、僕がシャバに出てからできることは、介護ではなく寄付したりすることだけかもしれません」


 まさに今、現在進行形でそうした受刑者たちを介護している人間だからこそ言える言葉なんでしょう。乙武さんもこの御大の言葉には共感する点もあったようで、「僕のツイッターにも、『おまえは恵まれているだけ』とか。妬みみたいな言葉が来ますからね」と追随。御大もさらに話を続けます。


「それは言い訳と甘えですよ。彼らがこのままシャバに出ても、また刑務所戻ってきちゃうんじゃないかと思うんです。独り身の高齢者とかも、『ここにいれば病気になっても病院に連れて行ってくれるから大丈夫だし出たくない』と思う人もいるはず。これは社会問題だなと、肌で実感していますよ」


 気がつけば、ちょっとした社会派ディスカッションになっていました。でも、乙武さんは、「日本は震災後も何も変わってない。だから橋下(徹大阪市長)さんや堀江さんは求められている。間違っていることを『間違っている』と言う人が求められているんです。場所は違えど、僕も頑張ります!」と、この面会を楽しんでくれたようではありました。乙武さん、本当にありがとうございました!

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ホリエモンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ