愛妻家の舛添要一氏 余程のことない限り午後8時までに帰宅

1月23日(木)7時0分 NEWSポストセブン

 23日、東京都知事選が告示された。前日弁連会長の宇都宮健児氏(67才)や元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65才)、元首相の細川護熙氏(76才)など実力者が多数出馬しているが、その中の1人が元厚生労働大臣の舛添要一氏(65才)だ。


 朝6時40分──舛添氏の朝は、自宅前の集積場にゴミ出しに行くところから始まる。そのまま牛乳と新聞を取り込み、洗濯するところまでが夫の仕事。これは妻と交わした約束だという。舛添氏は1996年に16才年下の雅美さん(50才)と結婚。現在は2人の子供の良きパパだが、かつては自身でも「青春を謳歌していた」と語るほどのモテ男だった。


 1981年にフランス人女性と、1989年には片山さつき参議院議員(54才)と離婚したが、2度目の離婚の理由のひとつには、当時交際していた愛人・A子さんの存在があった。片山氏は当時のことを後のインタビューでこう語っている。


《結婚から3か月ほどで、弁護士に離婚を相談しました。すると、弁護士の調査で彼には愛人が、そして彼女が妊娠中であることも分かった》


 まだ片山氏と婚姻関係が続いている1988年にA子さんは男児を出産。1990年に認知をするが、その2年の間に、もうひとりの愛人・B子さんが女児を出産、さらに同時期に別の2人の女性と交際していたことまで報じられてしまう。現在の妻・雅美さん(50才)と出会ったのはその渦中だった。


「1989年春、雅美さんは大学を卒業後、当時東京大学で助教授をしていた舛添さんの下でアルバイトをすることになったんです。その年の6月に舛添さんは大学を辞めて独立したんですが、彼の猛アプローチもあって、彼女は事務所の手伝いをすることになりました」(政治部記者)


 約7年にわたる交際を経て、1996年に結婚したが、これに怒ったのがB子さんだった。 「B子さんは長女を出産した5年後に舛添さんとの間に次女を出産しました。つまり、愛人のB子さんと雅美さんは二股状態だったんです。雅美さんとの再々婚をテレビで初めて知ったB子さんは、舛添さんを相手取り慰謝料1000万円などの支払いを求める民事訴訟を起こしました」(前出・政治部記者)


 しかし、そうした全てを知っても雅美さんは舛添氏との結婚を決めた。当時のことを彼女はこう振り返っている。


《結婚まで7年間もかかったのは、やはりその件が無関係ではありませんでした。しかし今は夫を信じていますから2人の間では話題にものぼりませんし、終わった話です》


 雅美さんはさらりとそう言うが、二股愛人の仕分けを自ら行ったというからかなりの強者だ。


「当時、舛添さんの金銭管理は秘書である雅美さんの仕事だったそうなので、B子さんや子供たちへの送金も彼女がしていたんだそうです。今、舛添さんが家事を分担しているのも、よほどのことがない限り午後8時までに帰るのも、奥さんへの感謝の気持ちがあるからでしょう。雅美さんは舛添さんと選挙活動を共にするといった表だったことはしませんが、義母の介護や2人のお子さんを育てるなど内助の功をしっかりと果たしています」(舛添氏の知人)


※女性セブン2014年2月6日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

舛添要一をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ