高橋ジョージ 三船美佳の給料も管理し僅かな小遣い渡してた

1月23日(金)7時0分 NEWSポストセブン

 離婚裁判に入ったことが明らかになった、高橋ジョージ(56才)と三船美佳(32才)。芸能界きってのおしどり夫婦だと思われていた2人だが、2013年末から別居し、2014年5月から離婚調停に突入するも決裂。その結果訴訟に発展していた。


 離婚裁判に至った原因の一つとして、高橋ジョージによる過度の束縛、あるいは「モラルハラスメント」と呼ばれるような行為があったと報じられている。また、「高橋が家にいるときは、外出をしてはいけない」という“外出禁止令”があったとも言われている。


 どうやら一家の長として君臨していたと思われる高橋。食卓には毎回、高橋の好物を一品入れなければならず、さらに、食事はどんなに遅くなっても全員一緒に、という決まりがあったという。


「そのため、子供がどんなにお腹をすかせていても、高橋さんの帰りを待っていなければならなかったそうです」(三船の知人)


 そして、ロックシンガーであることに誇りを持ち続ける高橋は、家でも外でも、四六時中自慢のリーゼントを崩さない。寝る時も大量の整髪料をつけて髪形を維持するため、毎晩、枕がベトベトになって悪臭を放つのだとか。そのカバーを洗うのは、もちろん三船の役割である。


 また、同じ事務所に所属するふたりだが、給料は全て高橋が管理していた。高橋は、三船の分のギャラもまず自分の所に入れていて、三船には、わずかばかりのお小遣いを渡していたのだという。


「別居することになって、自分のギャラをきちんと調べたところ、実際のギャラと高橋さんから渡されていた金額とのあまりの差に絶句したそうです」(三船の知人)


 高橋からすれば、結婚当初三船はまだ16才の女子高生だったこともあり、夫であると同時に保護者としての立場もあったのだろう。礼儀作法や妻としての立ち居振る舞い、お金の管理に至るまで、高橋が責任を持って教えるのは当然だという見方もある。


 だが、これが言葉の暴力となって、三船を苦しめたと一部で報じられた。


「お前には人間としての価値もない」

「お前が生きていけるのは、おれのおかげだ」


 こんな人格を否定するような発言を、深夜から明け方まで浴びせられるため、三船は眠ることもままならなかったという。


「ドラマのセリフも覚えられなくて、身も心もボロボロになって、フラフラで撮影現場に来ることもあったそうです」(テレビ局関係者)


 一方で、夜通し“訓示”を垂れた高橋はというと、昼過ぎまで寝ているそうだ。


※女性セブン2015年2月5日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高橋ジョージをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ