3才女児顔面熱湯放置死事件 虐待理由は「元夫に似てるから」

1月23日(土)16時0分 NEWSポストセブン

 現場に慣れているはずの捜査員も思わず顔を背けた。3才の次女・羽月ちゃんの体はやせ細り、顔は焼けただれていた。鼻から目、口元に直径10cmのやけどが広がり、皮はベロンと剥がれている。布団の上に仰向けで横たわる羽月ちゃんから少し離れたところで、母親はただ、長女を膝の上に抱いて座っていた。


「起きたら娘が冷たくなっていた」


 通報があったのは1月9日午前11時20分頃。警察が駆けつけた時、すでに羽月ちゃんは息を引き取っていた。


 埼玉県警は母親の藤本彩香容疑者(22才)と内縁の夫・大河原優樹容疑者(24才)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。羽月ちゃんの体には10か所を超える傷があり、自宅アパートの押し入れからは、ペットをつなぐリードのようなものと、それをくくりつける金具も発見されたという。


「死因はわからないが、日常的に虐待を受けていたようだ。充分な食事も与えられていなかった」(捜査関係者)


 羽月ちゃんは2012年8月、彩香容疑者の次女として生まれた。


「彩香は18才の時に最初の結婚をしたけど、下の子(羽月ちゃん)を妊娠中に相当モメて離婚。父親は羽月ちゃんの顔も見たことないはず。それから2人の娘と彩香のお母さんと弟の5人で暮らしてました」(彩香容疑者の知人)


 しかし昨年5月、彩香容疑者は自ら母親と暮らす自宅を出る。新たな恋人と同棲するために。


「あの時、娘たちを連れて行かなければ…。彩香はすぐに彼の子を妊娠しました。その頃から特に、羽月ちゃんばかりに冷たくあたる感じがあったんです」(前出・知人)


 警察騒動も数度あった。


「深夜0時、小さい子供が玄関先に出されている」「子供が室内で激しく泣き続けている」という虐待を疑う通報もあった。


「言うことを聞かないからと暗いトイレに閉じ込めることもたびたびあったそうです。みんなで集まっているときに羽月ちゃんの食べ方が汚いといきなりビンタしたこともありました。羽月ちゃん、なにかあると母親の表情をビクビクとうかがうんです。それにズザザザッと転んでも泣くこともしない。無表情なんです」(前出・知人)


 秋口から虐待はエスカレート。近所で羽月ちゃんの姿は見かけられなくなった。代わりにやまない泣き声とドスンドスンという音が続いた。


「この頃、彩香容疑者と内縁夫はLINEで『帰ったら(虐待を)やろう』と相談しあうこともあった。そして、ふたりは凶行に走る。その理由が“羽月ちゃんが元夫に似ているからムカツク”というんです。それでわが子の顔に熱湯をかけるなんて鬼ですよ」(前出・捜査関係者)


※女性セブン2016年2月4日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

熱湯をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ