高須院長「豪華なデートに興味ない。ヘリは時間短縮のため」

1月23日(土)7時0分 NEWSポストセブン

自らのデート術を語る高須院長

写真を拡大

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回のテーマは「かっちゃん流デート術」。ゴージャスなイメージがある高須院長はどんなデートを実践しているのか?


 * * *

──西原理恵子さんの『ダーリンは70歳』(ビッグコミックスペリオールに連載中)では、院長とのデートの様子がちょくちょく描かれています。そこで今回は「かっちゃん流デート術」をお聞きしたいと思いまして…。


高須:デートねえ。そういえば、昨日もヘリで西原とどっかに行くつもりだったんだよ、でも、天気が悪くて飛べなかった。


──『ダーリンは70歳』でも、ヘリコプターで山頂に行って、小1時間過ごして、またヘリで下山、というデートが描かれていましたね。


高須:そうそう。1分も無駄にしない、素晴らしいデートだったよ(笑い)。やっぱりね、移動の時間はできるだけ短縮させないと。デートって、基本的には女性に義理を果たすことが重要なんだから、目的が果たせれば、時間が短いに越したことはないんだよ(笑い)。


──時短のためのヘリコプター、ですね。


高須:女性に媚を売って何かをしようっていうことではないからね。特に若いお姉ちゃんにはあんまり近づいてほしくない(笑い)。別に豪華なデートを楽しみたいからヘリを使うんじゃない。あくまでも時間短縮のため。


──ちなみに、海外旅行はいかがですか? 豪華なホテルに泊まったりとかは?


高須:西原が泊まりたいっていうから、それなりにいいホテルには泊まるけど、ものすごく豪華っていうわけではないなあ。僕自身は、そういうのにはまったく興味がないしね。


──ドバイで撮影された高須クリニックのCMなどからすると、意外に感じる人も多いような気がします。


高須:そう? だって、僕、カプセルホテルが大好きなんだもん。基本的には寝るところさえあれば大丈夫。昔、名古屋の自社ビルの自分の部屋に、カプセルホテルのユニットを置いていたからね。いやあ、便利だよ。テレビもラジオもついてるから(笑い)。


──自分専用のカプセルホテルって、それもまたすごいですね。豪華ではないですけど…。


高須:いつの間にか、ダニだかノミだかが出るようになっちゃって、大変だったけどね(笑い)。


──(笑い)。いずれにしろ、院長は豪華なデートにはこだわらないっていうことですね。


高須:過程をまったく楽しまないから。目的を果たすことだけが重要。結果しか求めていない。だから、デート術なんていうもののないんだよ。考えたこともない。いかに効率よく目的地に行って帰ってくるかだけだね。


──ちなみに、ヘリコプターではなく、たとえば国産飛行機・MRJの購入計画などはないんですか?


高須:YS-11(日本航空機製造が製造した旅客機。日本のメーカーとしては戦後初となる)が初めて飛ぶっていうときは、たしか高校生だったんだけど、学校をサボって見に行ったんだよ。「なんだかショボいなあ」っていう感想だったね(笑い)。実際にすごく狭くてエコノミーもいいとこ。「こんなの売れねえよ」って思ってたら、本当に売れなかった。ホンダのビジネスジェットならまだいいけど、やっぱり日本製の飛行機はちょっとねえ…。MRJもなあ、イモっぽいな(笑い)。そもそも飛行機って不便なんだもん。


──たしかに空港まで行かなければなりませんしね。



高須:そう。目的地までの時間が極端に短くなるわけじゃないからね。それだったら、人を運べるドローンが開発されれば、家の近くの広い場所で拾ってもらって、それで移動したほうが早いはず。とりあえず飛行機は時短にならないから必要ないな。


──なるほど。


高須:あと、デート術ということではないけど、人との関わりで決めているルールはあるよ。とにかく、「気になった人には会ってみる」っていうルールだね。


──どんな人にも会うんですか?


高須:そうだね。たとえば、「あの人は怪しいから会わないほうがいいですよ」って言われると、むしろ会いたくなる。そんなに「会わないほうがいい」っていうなら、一体どんな人なのか気になっちゃうでしょう。悪評が高い人ほど面白くて仕方がないよ(笑い)。


──人を噂で判断しない、っていうことですね。


高須:そうそう。評判が悪いっていうのは、あくまでもその噂を流している人にとって都合が悪いっていうだけだからね。あと、「気になった場所には行ってみる」っていうのもあるよ


──海外旅行をたくさんされているのも、そういうことですね。


高須:うん。危険な場所とか、絶対に行けないような場所にも行ってみたい。いまだったらやっぱり北朝鮮、そしてシリアも。ただ、どっちにしろ西原が行きたがらないだろうから、なかなか難しいけどね(笑い)。あとは、あんまり面白くなさそうなところも一応行ってみるかな。行かないとわからないしね。


──この連載でもお話ししていただきましたが、先日、西原さんと春画展にも行かれてましたよね。あんまり面白くなかった、っていう。


高須:そうなんだよ。全然響かなかった。でも、あれは西原の漫画のネタのためっていう感じかな。ちゃんとネタをあげないと、むちゃくちゃ描かれちゃうから(笑い)。


 * * *

“とにかく時短”というのが、かっちゃん流デート術と言えそう。そして、「気になる人と会い、気になる場所に行く」というルールもとてもタメになります。なかなかマネできることではありませんが、まずは偏見を捨てて、いろんな場所に行って、たくさんの人と交流することが、高須院長の深い見識につながっているんでしょうね。


【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。


昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。



NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

デートをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ