ベッキー会見 建前の世界で生きる芸能人の厳しさ垣間見える

1月23日(土)16時0分 NEWSポストセブン

謝罪会見はクライアント向けとしては100点?

写真を拡大

 ベッキー(31才)とゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(27才)の不倫騒動が、世を席巻した。


『週刊文春』が第一報を報道する前夜の6日に、会見を開いたベッキーは、川谷とは“友人であり不倫関係ではない”と、否定。約4分半の会見では「申し訳ございません」を7回繰り返し、12回も頭を下げたが、集まったメディアからの質疑応答はシャットアウトした。


 この会見について川谷の妻は「謝罪の言葉がない」と、文春の報道で語っている。ただ、音楽、芸能など幅広い分野で執筆活動を行っているライターの速水健朗さんの見解はこうだ。


「即、謝罪会見を開いたのはさすがプロで、クライアント用としては100点の完璧な対応でした。ただし危機管理にすぎず、真摯に向き合うという意味では0点かな」


 また、「むしろ好感度が上がった」と話すのは、コラムニストのはあちゅうさん。


「清廉潔白なイメージが強すぎて、恋愛感情があるのか心配してしまうほどでしたが、“あ、実は恋をしていたんだね!”って、ホッとしたんです。会見は本心を語る場ではなく、クライアントさんやお互いの事務所関係者へ向けた会見だったから、ああなったんだと思います。


 本当に好きだったろうに、ああやって否定するしかなかったんでしょうね。建前の世界で生きる芸能人の厳しさを垣間見た気がします。でも…表裏のないイメージ通り、『奥さんがいる人を好きになってしまいました、ごめんなさい』と言ってしまったほうが、よかった気もしますけどね」


 ベッキーは、所属する『サンミュージック』きっての稼ぎ頭。2009年には、事務所の看板だった先輩の酒井法子(44才)が、覚せい剤所持および使用で逮捕。CM降板で事務所は億単位の賠償金を支払ったといい、そんな経緯もあって、あの会見となったのだろう。


 理屈はわかるが、多くの人が本当に聞きたかったのは、彼女が胸に秘めた本当の気持ち。会見の不実な姿には、巷で批判が再燃した。「いつまで優等生ぶってるの?」…そんな声まで上がった。


※女性セブン2016年2月4日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ベッキーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ