ケーシー高峰 「宍戸錠は被災地でもモテモテだった」

1月23日(土)16時0分 NEWSポストセブン

「宍戸錠伝説」を振り返るケーシー高峰氏

写真を拡大

 数々の日活アクション映画で主演を務めた宍戸錠氏(82)は、名俳優として名を馳せるとともに、モテ男としても有名である。宍戸氏の“悪友”の漫談家・ケーシー高峰氏(81)が、宍戸氏との思い出を語る。


 * * *

 俺とジョーちゃんは日大芸術学部の同級生なんだ。お互い1952年に試験を受けて、俺はまず医学部に入った後、転部願を出して秋からジョーちゃんのいた芸術学部に移った。今でも同級生で一番の仲良しだよ。


 ジョーちゃんは大学時代からよくモテた。悔しいけど、女のほうから寄ってくるんだ。「一回、抱かれてみたい」と思わせる色気がその頃からあったんだよな。色んな女のコと連れ立ってキャンパスを歩いていた。とにかくジョーちゃんの周りにはいつもイイ女がいたのを覚えているよ。他の男から見たら嫉妬というか、悔しい気持ちも湧くよね。


 お互い大学は2年で中退。俺は寄席の世界に飛び込んで、ジョーちゃんは日活に入社した。ジョーちゃんが日活ニューフェイスに受かった後、代々木駅前の俺の部屋に泊まったことがあった。


 翌朝、ジョーちゃんが身支度してるから、「どこか出掛けるの?」って聞いたら、「日活のホリキュウさん(堀久作社長)が背広作ってくれるから高島屋に行く」と言って部屋を出て行った。その後ろ姿からはすでにスターのオーラのようなものが醸し出されていたね。社長直々に背広を仕立ててくれるほど、目をかけられていたんだ。日活入社後はさらにモテモテで、もうその頃には悔しさなんて消えていたよ。


 2011年の東日本大震災後、今、俺が住んでいる福島県いわき市にまでジョーちゃんが訪ねてきてくれた。2人して街中を連れ立って歩いていると、地元の女性たちがジョーちゃんに手を振るの。「キャー、錠さ〜ん!」って、いい年したオバチャンまで黄色い声援を上げる始末でさ。イヤんなっちゃうよ。俺なんて25年以上も住んでるのに街を歩いていてそんな嬌声、1度も掛けられたことないんだもん(笑い)。


 でも、それを見て改めて思ったよ。「やっぱり、ジョーちゃんは今でもスターなんだな」って。


【プロフィール】ケーシー高峰(けーしー・たかみね)/1934年山形県生まれ。元医師志望で医事漫談の創始者。俳優やタレント業もこなす。現在は福島県いわき市在住


撮影■村上庄吾


※週刊ポスト2016年1月29日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

モテをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ