武田梨奈に「蹴られたい!」。俳優・松尾諭に男性ファンが嫉妬。

1月23日(金)20時25分 Techinsight

松尾諭を蹴る武田梨奈。樋口監督も「さすがです」。(画像は松尾諭のInstagramより)

写真を拡大


俳優の松尾諭が空手家で女優の武田梨奈からハイキックを喰らう写真をInstagramに投稿した。武田梨奈の美脚で回し蹴りされる彼の姿を見て「初めて松尾さんに嫉妬した」と羨む読者もいるほどだ。それにしても、この2人はどういう関係にあるのか。

松尾諭はドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』の山本隆文役でひょうきんな演技を見せて話題となった。放送中の月9ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』では金髪の工務店経営者というやはり特徴的な役を演じている。その彼が1月20日に『松尾諭 matsuosatoru Instagram』で「武田梨奈からまたいいのいただきました」とその1枚を投稿した。

武田梨奈と言えば、美少女が頭突きで瓦を割るCMで注目を浴びた空手家だ。女優としても2009年に映画『ハイキック・ガール!』で主演するなど活躍している。一方で、先日1月18日には『Rina Takeda (武田梨奈)(TakedaRina) ツイッター』で全関東空手道選手権大会に出場して「高校・一般型の部、一般女子組手の部、優勝しました...!」と賞状とトロフィーを手にした姿を投稿している。一流空手家で女優なのは彼女くらいではないか。

彼女もツイッターで松尾諭との写真を掲載して「舞台の後は、松尾諭センパイにスパゲッティをゴチになりました。ちなみに一昨日会った時には、蹴りをゴチしました。相変わらず面白い先輩です」とつぶやいている。所属事務所は違うのだが「先輩」と呼ぶ関係らしい。彼女のツイートにも「蹴られたい」、「俺も蹴りをゴチになりたい!」、「実に羨ましい」と言ったコメントが届いた。

実はこの2人、大ヒットコミックを実写化した2015年公開予定の映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のキャストとして発表されている。松尾諭はサンナギ役で武田梨奈はリル役だ。松尾の投稿写真には樋口監督の姿もあり、その映画の関係で集まったのではないか。まだ詳細は不明だが、武田梨奈が松尾諭にハイキックをお見舞いする場面はあるのだろうか。

※1枚目の画像は『松尾諭 matsuosatoru Instagram』より、2枚目は『twitter.com/TakedaRina』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

武田梨奈をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ