『glee』リア・ミシェル、「Let It Go」を熱唱中にピンチ! セットの雪のせいで…。

1月23日(金)15時40分 Techinsight

思わず嘔吐してしまったリア・ミシェル(画像はfacebook.com/leamicheleより)

写真を拡大


『glee/グリー』に出演中の人気女優リア・ミシェルが、同ドラマにて映画『アナと雪の女王』に使用された楽曲「Let It Go」を披露することになった。しかし撮影中のリアは、あるハプニングに思わず…。

このほどリア・ミシェルが人気番組『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演。そこでドラマ『glee/グリー』にて「Let It Go」を歌ったことに触れ、まずはこう語った。

「初めは、ちょっと心配だったの。イディナ・メンゼルとデミ・ロヴァートも歌った曲で、多くの人たちがこの曲を披露した後だから。でもイディナには賛成してもらえたわ。とても嬉しかった。」

しかしそのプレッシャーは、かなり大きかったようだ。

「ええ、超ナーバスになってしまって。収録の日は、最初からマズかったのよ。」
「私は歌い、(セットでは人工の)雪まで降らせてもらったわ。私は上を見て、マジカルで美しく見せようと頑張った。なのにその雪が喉に詰まって、そのまま嘔吐してしまったの。」

この日は、撮影クルーの子供たち数名がセットを訪問。無邪気な子供たちはリアの美しい姿にすっかり心を奪われ、リアをホンモノの“雪の女王エルサ”と思い込んだという。それに気づいたリアは「私もディズニーのプリンセスだわ!」と大ハシャギ。現場で嘔吐するハプニングに見舞われたが、この収録はリアにとってハッピーな思い出になったようだ。



※画像は、facebook.com/leamicheleのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

gleeをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ