ジェニファー・ロペスが証言。ジョージ・クルーニーはキスが上手い?

1月23日(金)21時55分 Techinsight

ジェニファー・ロペス、ジョージ・クルーニーのキスを語った。

写真を拡大


昨年、53歳にして30代美人弁護士とゴールインした人気ダンディ俳優ジョージ・クルーニー。男の魅力ムンムンの彼と過去に映画で共演しキスシーン撮影もこなしたジェニファー・ロペスは、そのキスをどう評価したのか。

ジェニファー・ロペスが、このほどTV番組『ザ・デイリー・ショー』のインタビューに登場。そこで「これまでに共演した俳優の中で、キスが一番下手だったのは誰ですか? テクニック、息、動きとかを考慮して答えてください」と言われ、大爆笑。まずは肝心の息につき、こう答えた。

「こう言わせて。口の臭い人はいなかったわ。幸運なことにね。」

この発言を受けた番組ホストは、「言わせてください」「僕はこう思うんです。最悪なキスの相手はきっとジョージ・クルーニーだとね」とズバリ発言。これに思わず「ギャハハ!」と声を上げて笑ったジェニファーは、それを否定も肯定もせずこう語った。

「彼は、まあOKってとこね。」

これを聞いたホストは、「よっしゃ、図星!」といった様子で思わずガッツポーズ。観客もジェニファーもこれにはさらに大爆笑し、会場はおおいに盛り上がった。

ジェニファーは1998年の映画『アウト・オブ・サイト』で大人の魅力満点のジョージ・クルーニーと共演している。いくつになってもハンサムで、知的かつロマンチックな“パーフェクト紳士”と言われるジョージ。しかし実際のキスについては、残念ながら相手を酔わせるテクニシャンというワケではなさそうだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

キスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ