チャーリー・シーン、2番目の妻に訴えられる

1月23日(土)17時48分 Techinsight

チャーリー・シーン、元妻と激突(出典:https://ja-jp.facebook.com/CharlieSheen)

写真を拡大


チャーリー・シーン(50)と2002年に結婚し、二人の娘をもうけたものの2006年に離婚した女優デニス・リチャーズ(44)。彼女がこのほどチャーリーを訴え、1億円以上の支払いを求めた。

米メディアによると、デニス・リチャーズがチャーリー・シーンに求めているのは1.2ミリオン・ドル(1億4千万円超)。その理由は、チャーリーが娘ふたりに約束した経済的サポートを果たしていないためだという。

ちなみにチャーリーは、毎月養育費として5万5千ドル(約650万円)を支払っているとのこと。過去にはデニスと娘達に「隣家に越してきてほしい」と懇願し、「病気が重い。子供達との関係を修復したい」と語ったというが、引っ越し後にチャーリーの態度は豹変。「デニスは最低な母」といったメールを娘に送り、「お前を殺す。そしてお前のママもな」と脅したこともあったとデニスは主張している。

またチャーリーは、HIV公表の数か月前にデニスと娘達を隣家から追い払ったとのこと。これに怒ったデニスは、チャーリーに1.2ミリオン・ドルの支払いを求め「新たな家を購入したい」と考えているのだとか。一方チャーリーはこれに激怒。彼の弁護人は「この10年近くでデニスはチャーリーから大金を受け取っている」とし、「要は金」「短い結婚期間に約10ミリオン・ドルも得たというのに」とメディアに語っている。

「子供が暮らす家の費用を払いなさい」というデニスと、「デニスは強欲なだけ」と主張するチャーリー。裁判所はこの元夫妻の金銭問題を、一体どう判断するのか。

出典:https://ja-jp.facebook.com/CharlieSheen
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

チャーリー・シーンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ