XIIX 1stアルバム『White White』リリース 2人の作曲スタイルとは

1月23日(木)17時0分 TOKYO FM+

XIIXが1月22日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。この日リリースのファーストアルバム『White White』について、楽曲の制作方法などパーソナリティ・とーやま校長の質問に答えました。



とーやま校長:XIIX先生は、1月22日にファーストアルバム『White White』が発売になっているということで、おめでとうございます!

XIIX:ありがとうございます!

とーやま校長:今日、何度も聴かせていただいてですね……勝手な想像なんですけど、お2人はめちゃめちゃ楽しかったんだろうな、って思ったんですよ。曲を作るのが。

斎藤宏介(Vo./Gt.):そうですね。

とーやま校長:アルバムの出来上がるスピードも速かったんじゃないかな、って思いました。

斎藤:スピード感は、相当速かったですね。でも合間を縫ってやっているから、結局10ヵ月くらいかかっちゃったんですけど。

須藤優(Ba.):でもギュってしたら、1ヵ月くらいなのかな。

斎藤:そうだね。

とーやま校長:クレジットを見たら、お2人で作曲というパターンがほとんどですけど、どうやって作ったんですか?

斎藤:作曲に2人の名前があるものに関しては、須藤君が先にワンコーラスのオケだけ作ってくれるんです。言わば、正解のないカラオケみたいな状態で送られてきて……。

須藤:歌ったことのない曲を、カラオケで入れちゃうみたいな感じかな。

とーやま校長:じゃあ、どこに行ってもいい、みたいな感じですか。

斎藤:どこに行ってもいいし、なんならどこがAメロでもサビでもいい状態で渡されて。それを、頭ひねりながら自分なりに作って投げ返すと、フルコーラスになって戻ってきて、それをまた形にして……という流れです。

須藤:最初は宏介が作ったものをアレンジしていたんですけど、そこから派生してというか、自分が作ったものからやっていくスタイルのほうが……最近は多いよね。

斎藤:うん。

とーやま校長:じゃあ、“ここにたどり着こう”とかではなく、自分たちでも、どこにたどり着くかわからない感じの作り方、ってことですか?

須藤:そうですね。それが面白いんですよ。

斎藤:データのやり取りだから顔を合わせることもなく、自分がやりたい最後の最後までやってから相手に委ねることができるから、そこもすごく向いているというか。お互いの時間を上手に使えますね。

須藤:そうですね。一緒に作っていると、「こっちのほうが好きだろうな」とか相手のことを意識してしまいますけど、(この作り方だと)自分のターンのときには自分がかっこいいと思うものを詰め込むじゃないですか。そしてまた投げ返したら、次に戻ってきたものが、意外と全然違うものになっていたりもするんです。それがすごく新鮮で、「こういうカッコよさもあるんだなぁ」と気づけて、さらに肉付けをしていくというか。作っていてすごく楽しいですよね。

斎藤:うん。楽しいのももちろんあるんですけど、同時に“UNISON SQUARE GARDENの”という冠がどうしても付いちゃうから、そこはめちゃくちゃ大事にしつつ、でも気は遣わずに自分のやりたいことを形にする、ということもしたかったんです。なので正直、頭はねじ切れそうでしたけどね(笑)。“何をしたら、自分のやりたいことをやりつつ、周りも納得させられるか”というのは、すごく考えました。



とーやま校長:XIIXがサイドプロジェクトというわけではないんですね。

斎藤:メインプロジェクトのつもりでやっています。XIIXというバンドは半永久的に続けていこうと思っていますので

須藤:しっかり、長く。

斎藤:もちろんUNISON SQUARE GARDENも続けるし、須藤君は他の現場でベースを弾いたりもしますけど。そこが揺るぎないものになってきたというものあって、もう1個本気を出すものがあっても両立できるのではないかと。

とーやま校長:だから、斎藤先生の今の気持ちは、UNISON SQUARE GARDENとしての活動にもフィードバックされるし……。

斎藤:もちろん! 僕はUNISON SQUARE GARDENがめちゃくちゃ好きなので、そこは信用していただきたいな、と思うのですが。それと同時にXIIXというバンドもめちゃくちゃ好きなので、“倍やろう!”って感じですね。100%だったものを200%にして、100ずつやろうっていう感じです。

とーやま校長:うん! 須藤先生も同じ気持ちで?

須藤:そうですね。僕も表に立っているいろんなボーカルの方、アーティストさんの間近にいられることで、すごく学ぶことが多いんです。だから、それをXIIXに還元できるというか。こういう風に見ているんだな、とか、こういう風にお客さんのことを考えているんだな、というのが近いところでわかるから、それを受けて自分だったらどういう風な音楽を作ってどういう風に届けたいのかな、と咀嚼して、このバンドを大きくしたいな、って思っています。



----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年1月30日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
▶▶80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから◀◀
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

TOKYO FM+

「アルバム」をもっと詳しく

「アルバム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ