ローバー美々の『聴いて!KPOP』──日本デビューした「悪童」Block Bが体験した2度の絶望

1月24日(土)9時9分 アサ芸プラス


 KPOPに対し、私には「単独ライブは一度しか行かない」というルールがあります。それは常に仕事目線でいるため。何度も行ってしまうと、ファンの目線に変わってしまうので。

 それが、1月21日に日本デビューしたBlock Bのライブには、ついに2回行ってしまいました。

 2011年に韓国デビューしたBlock B。この4年の間に、彼らは2度の「絶望」を経験します。

 一つ目は、タイの大洪水被害時の失言。韓国中から非難を浴び、リーダーのZICOくんが頭を丸坊主にして謝罪。「自殺をしてほしい」という異常な署名運動まで起り、メンバーの一人が心労で入院する騒動に発展して、活動休止状態に。

 もう一つは、前事務所との契約問題。20代そこそこの男の子たちが、訴訟、裁判沙汰に巻き込まれます。裁判中には前事務所の社長が自殺するという、地獄のような状況。

 私が20代前半にこんな経験をしたら、人生を放棄したくなるし、芸能界なんて絶対辞めます。守ってあげる大人はいなかったのでしょうか?

 この事件以外にも、きっとツラい思いをしてきたはず。その彼らが、韓国で2013年「Very Good」で復活し、いよいよ2015年1月21日に日本デビューを果たしました。7人グループですが、よくぞ誰も抜けることなく、ここまでやってきたなぁと感動しました。

 彼らの音楽は、基本HIP HOP。メッセージ性が強い歌詞とキャッチーな曲のギャップが人気で、ダンスも子供が真似したくなるような振り付けです。

 また、メンバーのバラバラな個性も魅力的。声の高低差や、身長の高低差、顔の作りもみんなバラバラ。得意分野もラップ、歌、ビジュアル、ダンス、トーク‥‥バラバラな個性が重なると、こういう化学反応が起きるのか、と感心します。

 私は3回目のライブにも行ってしまいそうです。

(KPOP洗脳家・ローバー美々)

Block B「Very Good」(ジャパニーズVer.)



Block B「Very Good」日本語訳つき



そして2歳児が楽しむ 「Very Good」を是非


アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

デビューをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ