及川光博、反町隆史が演じる4代目相棒は「イタリア〜ンって感じ(笑)」

1月24日(火)20時45分 シネマカフェ

『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』東京プレミア

写真を拡大

人気ドラマの劇場版第4弾『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』の東京プレミアが1月24日(火)に開催され、TOHOシネマズ六本木ヒルズを同作がジャック! 全9スクリーン、計2千人の前で、水谷豊、反町隆史らが舞台挨拶を行なった。

この日は水谷さん、反町さんの相棒コンビをはじめ、仲間由紀恵、及川光博、石坂浩二、北村一輝、山口まゆ、鹿賀丈史、鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、神保悟志、小野了、片桐竜次、橋本一監督の計16名がそろい踏み! 水谷さんと反町さんは、最後に2人だけ、客席通路を通って登場し、中央でがっちりと握手! 会場は歓声に包まれた。

「右京さん!」という歓声に水谷さんは「サンキュ!」とニッコリ。2000年にスペシャルドラマが放送され、その後、連ドラとなった「相棒」だが、水谷さんにとっては当初から劇場版の製作は「夢」だったそう。本作で「4回目の夢を見ることができました」と感慨深げ。

3年ぶりとなる本作は、反町さんが4代目相棒・冠城亘(かぶらぎわたる)を演じてから初めての劇場版。「まずは亀(=亀山薫/寺脇康文)で1本、神戸尊(及川光博)で1本、甲斐享(成宮寛貴)でも作って、ソリ(反町さん)で映画が出来なかったらどうしよう? と思ってたのでホッとしました」と笑みを浮かべる。

反町さんも歓声に、水谷さん同様に「センキュ!」と返し「僕のときに映画が出来なかったら恨んでたかも(笑)。それで、5代目でまた映画になったりね(笑)。無事にできて、ホッとしてます」とこちらも安堵の表情。「真夏の暑さの中、一丸となって作りました」と力を込める。

本作には、2代前の相棒を務めた及川さんも出演してるが、及川さんは「お久しぶりです! 再放送で活躍中の神戸です」とおどけて笑いを誘う。本作で「ソリちゃんが演じる冠城と会い、絡めるのが楽しかった」と語り「“冠城亘”ってなんか、イタリア〜ンって感じがしません? 野性味があって、ユーモアもあって」と独特の感性で分析し「(初代の)亀はナポリタ〜ンって感じ。その違いをぜひ感じてください!」と呼びかけ、劇場は笑いに包まれた。

また、TVシリーズのシーズン13から出演している仲間さんにとっても本作は初の劇場版となる。舞台挨拶では「好きな右京さんのセリフは『困りましたねぇ』です」と水谷さんのモノマネを入れつつ語り、ファンをわかせていた。

そして、本作のゲストで国際犯罪組織「バーズ」のメンバーの男を演じる北村さんは、「小中と水谷さんで育った」と水谷さんとの共演に感激していたが、本作に出演したことで「今後、(新たな)相棒になる可能性はなくなったってこと?」と苦笑い。相棒としていつも水谷さんと一緒にいる反町さんに「うらやましい」と羨望の眼差しを向けていた。

本作は北九州市での大規模なロケも行われたが、3千人のエキストラを集めたロケが悪天候で2度も中止となるなど、現場での苦労も多かったよう。水谷さんは「目抜き通りを朝6時から午後6時まで封鎖したこともあったんですが、『ほかの作品ではやったことがない。「相棒」だからやった」と言っていただけて、嬉しかったです」と述懐。初めて本作を鑑賞する観客に「改めましてようこそ、相棒ワールドへ」と語り、会場は拍手と歓声に包まれていた。

『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』は2月11日(土・祝)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

相棒をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ