恋愛恐怖症のニューヨークこじらせ女子、3月に日本上陸!

1月24日(火)16時15分 シネマカフェ

『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』 (C)2015 Universal Studios All Rights Reserved.

写真を拡大

全米人気No.1コメディエンヌ、エイミー・シューマーが主演&脚本を手がけ、オスカー女優ブリー・ラーソン、ティルダ・スウィントンらと競演する全米大ヒット作『TRAINWRECK』(原題)が『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』とのタイトルで日本公開されることが決定した。

舞台はニューヨーク。幼いころ母と離婚した父から、「一夫一婦なんて悪だ!」と教えられて育ってきたエイミー(エイミー・シューマー)。その影響で、恋愛はせず男性とは一夜限りの関係と割り切り自由奔放に生きていた。そんな生活にマンネリ感を持ち始めたころ、仕事でスポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)の記事を執筆することになり彼を取材する。アーロンとの出会いをきっかけに、エイミーは自身の恋愛感や人生を見つめ直し生きていこうと決心するが…。

恋愛恐怖症の主人公エイミーがある男性との出会いをきっかけに、自身の恋愛観や人生をこじらせながらも見つめ直していくロマンチック・コメディとなる本作。『40歳の童貞男』『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』、海外ドラマ「GIRLS/ガールズ」などのクリエーターとして知られるアメリカ・コメディ界の雄ジャド・アパトーが監督を務め、脚本をエイミー自らが執筆。恋愛できないまま大人になってしまった主人公の成長が、現代の恋愛に悩む女性たちの共感を得て全米で1億ドル突破の大ヒットとなり、昨年の第73回ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル/コメディ部門)作品賞、主演女優賞2部門にノミネートされた。

共演には、『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン、『ドクター・ストレンジ』のティルダ・スウィントン、同じくニューヨークのこじらせ女子を描いた『 マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ 』のビル・ヘイダーほか、映画ファンをあっと言わせるゲストも特別出演するという。

このたび解禁となった予告編は、「一夫一婦制は悪だ」と父親に諭され、同じようにその言葉を繰り返す幼い女の子2人の映像からスタートする。そんな父の影響で、完全にこじらせ女子と化してしまった主人公エイミー。さまざまな男性と一夜限りの関係を持ち、だが決して“お泊まり”させず、ことが終われば家に帰し、デートに誘われれば「もう会わない」と一方的に関係を断ち切るエイミー。いいアパートに住み、いい友人もいる、仕事も充実している。そんなエイミーのもとにスポーツ医の紹介記事の執筆がまいこむ。


スポーツ医のアーロンと出会い、2人でバスケ鑑賞や馬車に乗ってはしゃぐ姿など、幸せそうな一面がうかがえる中、一夜を共にしたことをきっかけに関係がぎくしゃく!? 本当の恋愛を知らないエイミーと、恋愛経験が少ないアーロンの思いがすれ違う。2人の不器用すぎる電話でのやりとりなども、実にコミカルだ。

あわせて解禁されたポスタービジュアルは、道路の真ん中でシーツを身にまとい、まるで一夜をすごした男性から逃げているかのようなエイミーの姿が! 彼女は、こじれにこじれた「Trainwreck(大惨事、悲惨な状態)」な恋愛事情から抜け出すことができるのか、乞うご期待!

『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』は3月4日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ニューヨークをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ