ユアン・マクレガー、トレスポ続編に手ごたえ! メンバーが20年ぶりに大集結

1月24日(火)17時0分 シネマカフェ

『T2 トレインスポッティング』

写真を拡大

『トレインスポッティング』の続編である『T2 トレインスポッティング』のワールドプレミアが1月22日(現地時間)に行われ、ダニー・ボイル監督や主演のユアン・マクレガーら主要キャストが登場した。

スコットランド、エディンバラ。大金を持ち逃げし20年ぶりにオランダからこの地に舞い戻ってきたマーク・レントン(ユアン・マクレガー)。表向きはパブを経営しながら、売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)。家族に愛想を尽かされ、孤独に絶望しているスパッド(ユエン・ブレムナー)。刑務所に服役中のベグビー(ロバート・カーライル)。想像通り? モノ分かりの良い大人になれずに荒んだ人生を疾走する彼らの再会、そして彼らが選ぶ未来とは——。

1996年に公開された前作『トレインスポッティング』は、アーヴィン・ウェルシュの同名小説の映画化。『スター・ウォーズ』シリーズにも出演したユアンと『スラムドッグ$ミリオネア』で米アカデミー賞監督賞を受賞したボイル監督の出世作で、本国イギリスを中心とするヨーロッパはもとより、アメリカ、日本でも大ヒットを受けた。続編である今作でもユアンがマーク・レントン役で続投し、前作から20年後を描いている。

この日、ワールドプレミアの会場となったのは、本作の舞台にもなったスコットランドの首都・エディンバラにあるシネワールド(ファウンテンパーク内)。イベントにはボイル監督や主演のユアンを始め、ケリー・マクドナルド、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ユエン・ブレムナー、アンジェラ・ネディヤコバが登壇。作品のキーカラーでもあるオレンジのカーペッドが敷かれた会場では、続編の公開を待ち望んでいた大勢のファンが集まっており、ユアンらキャストたちはファンたちのサインや写真撮影のリクエストに、笑顔でひとりひとり応えていた。

前作から20年後を描いた待望の続編についてボイル監督は、前作の製作時に金銭的な理由からエディンバラでの撮影が出来なかったことを上げ、「この場所撮影での撮影と初演に満足している」とコメント。またユアンは、「続編をつくるってことには、やっぱりナーバスにはなったよ。前作の評価を落としたくはなかったしね。でもジョン・ホッジの脚本を読んで『これはいける』って思ったんだ」と本作の手ごたえを語っていた。

『T2 トレインスポッティング』は4月8日(土)より丸の内ピカデリーほかにて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ユアン・マクレガーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ