VISCOのアーケードゲーム『BREAKERS REVENGE』と『武蔵巌流記』の家庭用ネオジオ向けカートリッジが駿河屋にて2月11日より予約スタート

1月24日(金)17時40分 電ファミニコゲーマー

 コロンバスサークルは、VISCOの『BREAKERS REVENGE』『武蔵巌流記』のAES(家庭用ネオジオ)用カセットを3月27日に発売することを発表した。Gamerによると『BREAKERS REVENGE』は6万5000円、『武蔵巌流記』は7万1000円。駿河屋通販にて2月11日より予約スタート。数量限定でシリアルナンバーがつく。

 『BREAKERS REVENGE』は1998年にVISCOより発売されたアーケードの対戦格闘ゲームだ。1996年に発売された前作『BREAKERS』の続編。新キャラクターや新要素を追加し、バランスも調整された『BREAKERS』のバージョンアップ版ともいえる内容となっている。

 2020年にはQUByte InteractiveよりPCやコンソールで『BREAKERS』と『BREAKERS REVENGE』をセットにした『Breakers Collection』の発売も予定されている。

 『武蔵巌流記』は1999年に『Ganryu』として、まず日本国外のみで稼働がスタートしたアーケードのアクションゲーム。宮本武蔵と雀の性能の違うふたりのキャラクターから一人を選び、佐々木小次郎率いる邪悪な忍者軍団から大津を守ることが目的だ。剣での攻撃や鎖による移動などが可能。海外では日本に先駆けてAESやドリームキャストに移植されている。

(画像はコロンバスサークル公式Twitterアカウントより)
(画像はコロンバスサークル公式Twitterアカウントより)

 『BREAKERS REVENGE』と『武蔵巌流記』のAES用カートリッジは駿河屋通販にて2月11日より予約スタートだ。ほしいという方は忘れずにチェックしてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「武蔵」をもっと詳しく

「武蔵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ