「シェル」を外して展開すると「ガンダム」頭部モデルに

1月24日(木)12時37分 J-CASTニュース

満を持して主役MS「ガンダムヘッド」登場

写真を拡大

バンダイは、アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するモビルスーツ「ガンダム」頭部のディスプレイモデル「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL GUNDAM HEAD(エクシード・モデル・ガンダム・ヘッド) 1」を、2019年1月第3週から全国のカプセル自販機で順次発売する。

球体内部は組み立て用パーツで構成



17年に発売し、全世界累計180万個を突破したという「ZAKU HEAD」から満を持して主役モビルスーツ「GUNDAM HEAD」が登場。



カプセル自販機特有のプラスチック製カプセルを排除し、球状のまま自販機から出てくる"シェル(殻)構造"を採用。保護用のシェルを外すと、球体内部は組み立て用パーツで構成され、展開を行うことで「ガンダム」頭部の全高約78ミリのディスプレイモデルが完成する。



設定通りのカラーリングと成型色・彩色で再現し、正面カメラ部分はクリアパーツを使用。また側面にマーキングを施し、側面の装甲が開閉するギミックを備える。



ラインアップは「RX-78-2 ガンダム」に加え、「MSV(モビルスーツ・バリエーション)」の「FA-78-1 フルアーマーガンダム」、「RX-78-3 G-3ガンダム」の全3種。



価格は1回500円(税込)。

J-CASTニュース

「ガンダム」をもっと詳しく

「ガンダム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ