注目ワード武藤貴也・お持ち帰り 安藤美姫・ハート写真 山辺節子・62才・山辺節子容疑者 教育・勅語 消防車・特に指導行っていない 2017春・最旬モテ髪

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

5カ月ぶり3回目のAKBステージ復帰...大島優子に「卒業詐欺」との批判殺到

メンズサイゾー1月24日(土)12時0分
画像:5カ月ぶり3回目のAKBステージ復帰...大島優子に「卒業詐欺」との批判殺到
写真を拡大

 1月21日から25日まで5日間にわたって東京ドームシティホールで開催されている『AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015』でグループの元ツートップがステージに舞い戻ってきている。初日には「不動のセンター」だった前田敦子(23)が出演。そのライバルだった大島優子(26)が二日目に登場し、三日目に再び前田が出演した。うれしいサプライズかと思いきや、一部ファンから「卒業詐欺」などといった批判が噴出する事態となっている。


 特に批判が高まっているのは大島。昨年6月に同グループを卒業した彼女は、その僅か9日後にAKBのパチンコ台に登場する選抜ユニット「チームサプライズ」のライブでステージ復帰。さらに2カ月後の同8月にもAKBのライブにサプライズ出演し、自身がセンターを務めた「前しか向かねえ」「ヘビーローテーション」を熱唱していた。卒業後、5カ月ぶり3回目となる今回のステージでは4人組ユニット「Not yet」のデビュー曲「週末Not yet」をキレキレのダンスとともに披露。さらには「みんなに久々に会うとテンションが上がる。まだNot yetは解散してない!」とアピールし、その後のトークでも「どこのギャルがいるかと思った」と柏木由紀(23)の変貌ぶりをイジるなど絶好調だった。


 ネット上では「やっぱり優子はすごい」「アイドルとしての輝きが違う」などといった好意的な意見もあるが、ファンにとっては涙で見送った大島が何度もAKBのステージに戻ってきたら興ざめしてしまうのも事実。一方の前田は昨年の「リクエストアワー」にも出演したものの、そのときは挨拶のみで歌わなかったため、今回のステージでAKBメンバーとともに楽曲を披露したのは約2年半ぶり。前田に関しては「サプライズ」といっても差し支えないだろうが、たびたびステージに戻ってきている大島はファンにとってもウンザリしている部分があるらしく、ネット上では以下のような批判が数多く上がっている。


「まだ一年も経ってないのに何回も復帰したら卒業の意味がないよ」
「AKBにとっての『卒業』って何かね?って問いたい」
「卒業生がトークにまで出しゃばってきたら現役メンバーがやりにくいでしょ」
「これは『卒業詐欺』と命名しよう」
「しょっちゅう母校に顔を出しにくる面倒な先輩みたいなだな」


 しかも、大島は卒業直前に出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で司会のタモリ(69)に今後の歌手活動について聞かれた際に「歌はやらないですね。ソロデビューもしないですし」「(歌に)未練はないです。いっぱい歌わせていただきましたから」「歌で表現することより、お芝居で表現することを突き詰めていきたい」と断言。卒業後は女優一本で勝負することを宣言していた。にもかかわらず、卒業後に何度もステージで歌って「Not yetは解散してない!」とまで発言したのだからファンが不満を抱くのも無理はない。


「前田は『サブカル路線』に走ったことで女優としての一定の評価を得ていますが、大島はいまだ方向性が定まっていない状態。前田の後追いなのか、サブカル系に人気のあるタナダユキ監督の映画『ロマンス』(今秋公開予定)に主演することが決定し、初のベッドシーンを演じることも発表された。しかし、どこか陰のあるところが味になっている前田と違い、大島は明るいイメージでアイドル臭が消えていませんから、その路線で通用するかどうかは微妙。今後の不安が大きいため話題を絶やしたくないという気持ちから、本来なら消さなくてはいけない『元AKB』の看板に卒業から間もないのに頼ってしまう。これは『女優』で勝負したい大島にとってマイナスになるのですが、現状ではそうもいっていられないのでしょう」(アイドルライター)


 これは事務所の戦略が今ひとつ定まっていないことも大きく影響しているだろうが、大島にとってもAKBのステージに戻りたくなる要素があるという。


「いくら国民的アイドルグループの元センターといっても、映画やドラマの現場では新人。ベテランの共演者などは『元アイドル』という色眼鏡で見てくるため、肩身のせまい思いをすることも多いようです。ですから、戦友や慕ってくれる後輩がいる居心地のいいAKBが恋しくなってしまうのでしょう」(前同)


 だが、古巣のAKBと共演すればするほど女優として必須条件である「脱アイドル」が難しくなり、現役メンバーのファンからうとまれる悪循環となっている。女優として誰もが認める一人前の存在になってから、AKBのステージに凱旋した方が本人にとってもいいように思えるが...。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

この記事のトピックス
関連ワード
大島優子のまとめ写真 AKB48のまとめ写真

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「5カ月ぶり3回目のAKBステージ復帰...大島優子に「卒業詐欺」との批判殺到」の関連ニュース

注目ニュース
安藤美姫、小塚パパとの「ハート写真」がヒンシュク 「こういうKYなところが嫌われる」 J-CASTニュース4月27日(木)12時20分
プロフィギュアスケーターの安藤美姫さん(29)がインスタグラムに投稿した、元フィギュアスケーター選手の小塚崇彦さん(28)とのツーショット…[ 記事全文 ]
62才・山辺節子容疑者 なぜ、欲望が旺盛になるのか NEWSポストセブン4月27日(木)7時0分
被害者は男性ばかり50人超。被害総額は7億円にものぼるといわれている──。4月19日、熊本県警は、山辺節子容疑者(62才)を出資法違反で送…[ 記事全文 ]
ジョニー・デップ、訴えている資産運用会社に反論「俺のカネだ」 クランクイン!4月27日(木)14時30分
女優アンバー・ハードとの離婚が成立後、不正経理と投資の失敗による資金の損失を理由に自身の資産を管理していた会社「ザ・マネジメント・グループ…[ 記事全文 ]
「嫌いなジャニーズ2017年」キムタク以外、TOP5の順位が激変! 週刊女性PRIME4月26日(水)18時0分
好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ2017年毎年恒例となっている『好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ』ランキング。[ 記事全文 ]
山下智久、32才の誕生日に石原さとみと原宿デート NEWSポストセブン4月27日(木)7時0分
日本テレビ系ドラマ『ボク、運命の人です。』に出演中の山下智久(32才)。一世を風靡したユニット「修二と彰」から12年が経ち、KAT-TUN…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 工藤静香の“パパ似”長女 入学2週間で名門高校のアイドルに女性自身4月26日(水)6時0分
2 「嫌いなジャニーズ2017年」キムタク以外、TOP5の順位が激変!週刊女性PRIME4月26日(水)18時0分
3 嵐・相葉雅紀が「貴族探偵」の演技に苦悩!批判殺到で“織田裕二路線”へ変更!?アサ芸プラス4月26日(水)14時50分
4 坂上忍、今村元復興相に怒りあらわ!あっち発言に「言えないよ普通!」RBB TODAY4月26日(水)16時41分
5 山下智久、32才の誕生日に石原さとみと原宿デートNEWSポストセブン4月27日(木)7時0分
6 神田沙也加の母が“松田聖子と知らない人”続出が話題モデルプレス4月26日(水)19時11分
7 神田沙也加、村田充との結婚を発表 神田正輝との3ショットで報告BIGLOBEニュース編集部4月26日(水)11時28分
8 小島瑠璃子、ビキニをズラして日焼け跡公開! 大胆サービスにファン大歓喜メンズサイゾー4月26日(水)10時0分
9 安藤美姫、小塚パパとの「ハート写真」がヒンシュク 「こういうKYなところが嫌われる」J-CASTニュース4月27日(木)12時20分
10 木村拓哉、ジャニーズ事務所の敏腕マネージャーF氏の5月退社にショック週刊女性PRIME4月25日(火)21時30分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア