藤田恵名、超過激MVが100万再生突破! 凛々しくセクシーな新アーティスト写真も大絶賛

1月24日(木)13時0分 メンズサイゾー

 シンガーソングライターでグラビアアイドルの藤田恵名(28)が、「マジでエロカッコいい」と注目を集めている。


 「今いちばん脱げるシンガーソングライター」と呼ばれる藤田は、今月16日にセカンドマキシシングル『月が食べてしまった』をリリース。同月7日にその表題曲のミュージックビデオを解禁したところ、約2週間で再生回数が100万回を突破した。


 以前から彼女は、ほぼ全裸でギターを弾くなどの刺激的なパフォーマンスで注目され、今回のMVでも露出度の高い姿で激しいビートを刻む。ドラマ仕立てのMVは、藤田がアクションシーンに挑戦するなど、いろいろな意味で超過激な内容だ。YouTubeで公開されたこのMVには外国からのコメントも多く、世界中の人々が彼女に魅入ったようだ。


 藤田は10日更新のブログで、「MVが公開されて3日で15万回再生されているみたいで、めちゃありがたいです!!!!」と喜びを爆発。そして23日にはInstagramで、「MV100万回再生回数イったそうです!!!」と報告し、「ありがとうございます!!!批判もありますがどーでもいいです」とファンに感謝を伝えた。このとき彼女は、新たなアーティスト写真を公開した。


 『月が食べてしまった』のジャケットは「脱衣盤」と「着衣盤」の2種類があり、いずれも発売前から「セクシーすぎる」と話題に。脱衣版は全裸状態の藤田が腕とギターのストラップでバストトップをわずかに隠している驚愕ショットで、着衣版でもFカップ美巨乳の谷間が丸見えだった。


 今回、新たに公開されたカットは着衣版の別バージョン。MVの中で着用するベストを羽織った藤田が、鋭い視線をコチラに向けるカットだ。美しさカラダはもちろんのこと、凛々しい表情も印象的で、ルックスレベルの高さを改めて感じさせる。フォロワーからも絶賛コメントが続出しており、あっという間に1万件以上の「いいね!」を記録することになった。


 唯一無二の「シンガーソングラドル」として注目される藤田は、高校時代から音楽活動を開始して2012年にグラビアに進出。「ビキニで歌う」という独自のパフォーマンスでじわじわと人気を高め、男性ファンからアツい視線を注がれる。その二足のわらじ的活動には賛否あるが、2014年にはグラドルとして『ミス東スポ』のグランプリを獲得し、歌手としてはメジャーデビューを達成するなど、いずれのジャンルでも評価されている。


 今回、MVが100万回再生された際には、「批判もありますがどーでもいいです」と強気ともとれるコメントを寄せた藤田。今後も独自路線を突っ走ってくれそうな彼女には、いつまでもファンを刺激し続けてほしいものだ。

メンズサイゾー

「藤田恵名」をもっと詳しく

「藤田恵名」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ