ビートたけし、12年ぶり主演映画で自虐?「時代のニーズに応えてない」 映画「女が眠る時」完成披露記者会見

1月24日(日)20時25分 MAiDiGiTV


 映画「女が眠る時」(ウェイン・ワン監督、2月27日公開)の完成会見が1月16日、東京都内で行われ、お笑いタレントのビートたけしさんや西島秀俊さん、忽那汐里さん、新井浩文さんが出席。

 「女が眠る時」は、スペイン人作家ハビエル・マリアスさんの短編小説「WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING」が原作。ワン監督にとって初めてのオール日本人キャストによる邦画作品となる。たけしさんが自身の監督作品以外で映画の主演を務めるのは、2004年公開の「血と骨」(崔洋一監督)以来、12年ぶりとなり、話題を呼んでいる。

 映画は、妻とバカンスを過ごすため美しい海辺にたたずむリゾートホテルへとやってきた小説家の清水(西島さん)が、滞在初日にプールサイドで目撃した異様な存在感を放つ年の離れた男(たけしさん)と女(忽那さん)のことが脳裏から離れなくなり、その執着心はストーカー行為へと発展していく……というサスペンスストーリー。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女が眠る時をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ