V6坂本昌行、12年ぶり「THE BOY FROM OZ」で主演 ジャニーズJr.寺西拓人も加わる

1月24日(金)4時0分 モデルプレス

坂本昌行(提供写真)

写真を拡大

【モデルプレス=2020/01/24】V6の坂本昌行が、ミュージカル「THE BOY FROM OZ supported by JACCS」で主演を務めることがわかった。

◆「THE BOY FROM OZ」

2005年に坂本主演で上演され、その後2度にわたって再演されるなど、そのパフォーマンスで好評を博した「THE BOY FROM OZ」。日本初演から15年、再々演から12年を経て、今回帰ってくる。

本作の主人公は、1970〜80年代にアメリカを中心に活躍したオーストラリア出身のエンターテイナーのピーター・アレンで、波瀾万丈な人生を送るなかで「I Honestly Love You」「あなたしか見えない」「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」などの数多くの名曲を生み出した。

本作は、“My songs are my biography”と語っていたピーター・アレンの生涯を生み出した楽曲とともに送るミュージカルとなっている。

◆坂本昌行、12年ぶりに主演務める

坂本は初演から主人公ピーター・アレンを演じ続け、前回の再々演から、数々の名作ミュージカルに出演。今回12年振りに同作で主演を務めることとなり「お客様に再び、この作品とピーター・アレンという人間に触れてもらえることが非常に嬉しいです」と歓喜。

また「前回の公演が12年前なので覚えていないことも多い」としたうえで「音楽を聞くと当時の記憶が蘇ってきて、楽しさと緊張が高まってきます」と意気込みを語った。続けて「初演の時はまだ30代前半でしたが、月日を経て、ピーター・アレンが亡くなられた年齢と同じ年齢で今回演じることができるのは、何かの運命のように感じています」と告白し「令和の『THE BOY FROM OZ』をお届けします」とアピールした。

◆寺西拓人、坂本昌行と共演に歓喜

また演出のフィリップ・マッキンリー、振付のジョーイ・マクニーリーに加え、ジュディ・ガーランド役の鳳蘭、ライザ・ミネリ役の紫吹淳、ピーターの母親マリオン・ウールノー役として今陽子が再集結。

さらに、ピーターの恋人グレッグ・コンネル役に寺西拓人(ジャニーズJr.)、敏腕マネージャー、ディー・アンソニー役に宮川浩という新たなメンバーも加わる。

なかでも今回の配役を寺西は「第一に、先輩である坂本さんとミュージカルで共演できることは目標の一つでもあったので、共演できることがすごく嬉しいです」と喜び、「作品を深く理解していくのはこれからですが、再演される作品に新しく出演するからには、意味がないといけない、と考えている」とコメントを寄せた。(modelpress編集部)

◆坂本昌行(ピーター・アレン役)コメント

お客様に再び、この作品とピーター・アレンという人間に触れてもらえることが非常に嬉しいです。前回の公演が12年前なので覚えていないことも多いのですが、音楽を聞くと当時の記憶が蘇ってきて、楽しさと緊張が高まってきます。

初演の時はまだ30代前半でしたが、月日を経て、ピーター・アレンが亡くなられた年齢と同じ年齢で今回演じることができるのは、何かの運命のように感じています。共演者やスタッフの皆様の力も借りて、令和の『THE BOY FROM OZ』をお届けします。

◆紫吹淳(ライザ・ミネリ役)コメント

再びこの役に出会えるとは思ってもみませんでした。12年経っているので若干の心配もありますが、この素晴らしい作品で、またライザに会えるということに幸せを感じております。前回も共演者の方と、こんなに物語も曲もすべてが良い作品にはなかなか出会えないとよく話していたので、観たことがないお客様にも楽しんでいただき、また後に語り継がれていく作品になるといいなと思います。

◆ジャニーズJr.寺西拓人(グレッグ・コンネル役)コメント

第一に、先輩である坂本さんとミュージカルで共演できることは目標の一つでもあったので、共演できることがすごく嬉しいです。作品を深く理解していくのはこれからですが、再演される作品に新しく出演するからには、意味がないといけない、と考えているので、稽古を通して、自分なりの表現を見つけて、お客様に楽しんでいただけたらと思います。

◆宮川浩(ディー・アンソニー役、ディック・ウールノー役)コメント

初参加なので、皆さんが作られた世界を守りつつ、新しさも出せたらと思っています。二役を演じるので、どれくらい違う自分が出せるか楽しみですし声や動きでそれを表現したいと考えているので、お客様にも楽しんでいただきたいです。坂本さんは、出演作品を観ていつか共演したいと思っていた方で、鳳さんとも32年ぶりの共演になるので、とても楽しみにしています。

◆今陽子(マリオン・ウールノー役)コメント

マリオン・ウールノーという役はとても大好きな役で、劇中で歌う曲をライブで歌うほど思い入れのある作品なので、再演できることが本当に嬉しいです。坂本さんとご一緒するのも久しぶりなのですが、気持ちは変わらず、初演の時のように良い親子を演じられたらいいなと思っています。慣れ親しんだメンバーと、新しく参加されるお二人やアンサンブルの皆さんと、また新しい『THE BOY FROM OZ』を作りたいです。

◆鳳蘭(ジュディ・ガーランド役)コメント

また再演できるとは夢にも思っていなかったので、お話をいただいた時、まず喜びでいっぱいでした。『THE BOY FROM OZ』は、数あるミュージカル作品の中でも特別な作品の一つです。ジュディ・ガーランドという役は、自由奔放に演じられるので、前よりもパワーアップした姿を皆様にお見せできたらと考えております。

◆「THE BOY FROM OZ supported by JACCS」公演情報

東京公演:5月2日〜17日/公演会場:東急シアターオーブ

大阪公演:5月22日〜26日/公演会場:オリックス劇場

演出:フィリップ・マッキンリー

振付:ジョーイ・マクニーリー

出演:坂本昌行、紫吹淳、寺西拓人、宮川浩、今陽子、鳳蘭 ほか

◆ストーリー

抜群の音楽センスを持つピーター・アレン(坂本)は、その才能を見守る母マリオン・ウールノー(今)の心配をよそに、スターを夢見てオーストラリアの小さな田舎町を飛び出した。

友人とコンビを結成し人気が出ると、ある日出演した香港でのステージが、大女優で歌手のジュディ・ガーランド(鳳)の目にとまり、ショーの前座に抜擢される。アメリカへと渡ったピーターは、ジュディの娘ライザ・ミネリ(紫吹)と電撃的な結婚を果たすが、幸せは長くは続かなかった。

ハリウッドで成功し大女優へと飛躍するライザと、仕事が行き詰りつつあったピーター。同性愛者であることも明らかになり、2人はぎくしゃくし始め、ついには離婚してしまう。

離婚後、ソロで歌い始めたピーターに、新しい恋人グレッグ・コンネル(寺西)と敏腕マネージャー、ディー・アンソニー(宮川)がブレーンとして加わり、再び運が向いてくる。

次々と夢を実現していき、人生の絶頂に立ったかに見えたピーターだったが、すべての幸福を覆す、ある事実が発覚する…。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「主演」をもっと詳しく

「主演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ