『とくダネ!』東出昌大のゲス不倫を“総出”で擁護して大炎上!

1月24日(金)7時30分 まいじつ


(C)まいじつ



1月23日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)にて、女優・杏と俳優・東出昌大夫妻の別居報道が取り上げられた。しかし、出演するコメンテーターたちの〝不倫擁護〟とも取れるトンチンカンな物言いに、ネット上では炎上騒ぎになっているようだ。


【関連】不倫ゲス女・唐田えりかのニオわせインスタが“史上最恐”のクズっぷり!ほか


同日に発売された『週刊文春』にて、東出が〝若手清純派女優〟として売り出し中だった唐田えりかとの〝3年間にわたる不倫〟が報じられた。双方、不倫の事実を認め、所属事務所からは謝罪コメントが発表されているが、世間の怒りはしばらく収まりそうにない。


「東出は杏との間に3歳の双子と2歳の第3子を設けていますが、唐田と不倫関係に陥っていたのは〝3年前〟から。妊娠中の不貞、そして父親の不倫で苦労してきた杏にとって東出の行為は〝最悪の裏切り〟です。〝杏の夫〟という最大のステータスでおいしい思いをしながら、裏では9歳下の若手女優と密会…。今回の騒動で東出の好感度は見事に失墜、回復は厳しいでしょう」(芸能ライター)


そんな中、『スッキリ』(日本テレビ)では、『ハリセンボン近藤春菜が東出の謝罪コメントに対して、「東出さんが『苦しい』っていうのは正直どうでもいい」と言い放ったことが話題に。ネット上では《的を射過ぎ》《春菜のコメントが100点》などと大賛辞の声が上がっている。


 


コメンテーター全てがずれている


その一方で『とくダネ!』は、国際政治学者の三浦瑠麗氏が、「妻としかセックスをしてはいけないのか、というスタンダードを私たちは置きたいのか」と〝家庭とセックスは別〟との考えを主張。社会学者の古市憲寿氏は「東出さんってもともと演技がロボットっぽい」とディスった上で、「最近になって変わったのは不倫とかいろいろなことがあって演技に深みが出たからかな」「だったら、役者さんとしては悪くないのかな」と発言。この言葉を受け、山崎夕貴アナウンサーが「家族としてはそういうふうには受け止めらない」と苦言を呈すと、古市氏は食い気味で「山崎さんは不倫とか浮気経験者ですもんね」と、笑いながらチャチャを入れていた。


そして極め付きは、MCの小倉智昭が「昔は役者は遊べと言われていた」などと、昔の価値観を持ち出して東出をフォローしつつ、「(東出は)杏さんの信頼は失ったかもしれませんが、役者としてはどうでしょうか」と話題を締めた。


この一連の発言に対し、視聴者からは怒り心頭の声が殺到しているようで、炎上騒ぎに。



《妻と子供何やと思ってるねんこいつら…》

《この女何言ってんの? 不倫肯定派なんですか? 耳疑ったけどマジで???》

《頭おかしいんか? された側の気持ちとか苦労とか全部無視できるのさすがにすごいわ》

《夫婦間以外のセックスを朝から肯定したのはびっくりだな 古市も薄っぺらいし》

《フジテレビに苦情送ったわ。何やあの不倫擁護のクソ番組》



などと、呆れと非難の声が殺到している。


一部では、今年中の打ち切りがウワサされている同番組。あえての〝逆張り〟で勝負してみたのかも…?


 


まいじつ

「ゲス不倫」をもっと詳しく

「ゲス不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ