なつかしのドラマが続々! 男性があこがれるドラマ4選

1月24日(日)22時23分 マイナビウーマン

なつかしのドラマが続々! 男性があこがれるドラマ4選

写真を拡大

キュンとくるようなドラマのワンシーンにあこがれてしまう女子も少なくないのではないでしょうか。同じようにドラマを見てのめり込んでしまう男性もいるようです。男性はどんなドラマにあこがれを持つのか聞いてみました。

■『プライド』
「木村拓哉さんが主演の『プライド』が今でもあこがれのドラマ。『メイビー』といったセリフを連発したり、ちょっとキザな主人公がカッコよかった。俺もマネしてみたいけど、絶対にできない(笑)」(33歳/教育)

『プライド』は男性人気も高いようです。恋愛ドラマとしてだけではなく、主人公がアイスホッケー選手でスポーツ要素もプラスされているところが人気の秘訣なのかも。

■『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』
「常盤貴子さんが演じる杏子の、元気でポジティブなところに元気をもらっていました。自分の病気に不安になりながらも、まわりには明るく振る舞う姿は素敵です」(30歳/建設)

障がいを抱えていながら明るく生きる杏子の姿が、とても印象的だったドラマですね。木村拓哉さんが演じる柊二との恋愛模様に目が離せなかった人も多かったのではないでしょうか。

■『半沢直樹』

「あこがれの名シーンといったら、もうこれしか思い浮かびません。半沢直樹の名ゼリフ『倍返しだ!』を、いつか上司に言いたいと思いながら見ていました。実際はとても言えないですが……(笑)」(28歳/IT)

「倍返しだ!」を言うのはある意味あこがれのセリフなのかも? 社会人ならば、誰しも一度くらいはこのセリフを言ってスカッとしたいと思うのかもしれません。

■『僕の生きる道』
「平凡に生きてきた秀雄(草なぎ剛)が余命宣告をされ、死の恐怖と葛藤しながらも残りの人生を悔いのないものにしようと生きていくドラマ。秀雄が語る言葉すべてが心に染みましたね。『時間がないからやらない、ではなく、その時間をつくろう』が座右の銘になりました」(30歳/医療)

「今自分は何がしたいか? と考えました」「病気と闘う勇気をもらいました」など、今ある環境の中でどう生きるかを考えた男性が多かったようです。

恋愛ドラマというよりも、男性は主人公の生き方や考え方にあこがれるよう。最近のドラマよりも過去の作品が多く挙がっていたのは、それだけ今でも印象に残っているのでしょうね。彼と見てみると一緒に盛り上がれそうです。

※画像はイメージです

(ゆみこーん+プレスラボ)

マイナビウーマン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ