愛乙女★DOLLが“重大発表”、4月9日にメジャーデビューが決定。

1月24日(金)6時1分 ナリナリドットコム

アイドルユニット・愛乙女★DOLL(らぶりーどーる)が1月22日、AKIBAカルチャーズ劇場にて公演を行い、4月9日に日本クラウンよりメジャーデビューすることを発表した。

愛乙女★DOLLは、リーダーの岩崎夢生(21歳)、愛迫みゆ(22歳)、芦崎麻耶(20歳)、佐野友里子(22歳)、都築かな(18歳)、ハルナ(14歳)の6人からなるアイドルユニットで、側に置いておきたくなるキュートさと、見応えアリの本格派ライブでエンターテイメント溢れるステージが売りのアイドルユニット。

2013年12月18日にリリースしたインディーズでのラストシングル「蒼い空を臨むなら」では、オリコンCDシングル週間ランキング9位を記録、アイドル戦国時代の中で、今後の活躍が期待されている注目のグループだ。

この日は、メンバー佐野の誕生日で、各メンバーがSNSで“重大発表あり!”とつぶやいていたこともあり、会場は超満員の300人が集まり、開演前から異様な熱気に包まれていた。

1曲目は「エアプレーン」を披露。続いて、ライブ当日が誕生日となる佐野がソロで「ソレイユの魔法」を歌唱。アッパーチューン「wake up girls!」で観客と一体となり、会場はさらにヒートアップしていく。続いて、2ndシングルでオリコン総合デイリーシングルチャート3位を記録した「ビターチョコ・バレンタイン」、そして4thシングル「蒼い空を望むなら」と、彼女たちの代表曲を連発していく。

ここでリーダー岩崎より、「私たちの口で伝えたいことがありますので、とりあえず映像をご覧下さい」とアナウンス。この映像では、メンバーへのインタビュー形式で、各々の悩み、未来への希望等各々の思いを話すプライベート的な映像が流れていく。すると突然、画面が暗転し、“2014.04.09”という文字が現れ、愛乙女★DOLLのメジャーデビューが発表された。

その瞬間、会場のボルテージは最高潮に達し、歓喜に包まれた。また、メンバーへのサプライズとして、レーベルの先輩でもある元AKB48の河西智美からのメジャーデビュー祝福コメント映像も併せて公開された。

ここで、メンバーが再度ステージに登場。メジャーデビュー決定についてメンバーの各々思いを一人一人、ファンへの感謝を込めつつ、想いを込め話していく。リーダー岩崎は、「メジャーデビューするだけでなく、メジャーにいって活躍したい」と、メジャーデビューは通過点!と涙ながらに語った。

そして、ラストソングには、インディーズデビューシングル「GO!!My WISH!!」を力強く、全力のパフォーマンスを魅せ、本編は終了。

ここで、怒号のようなアンコールが始まる。鳴り止まないアンコールの中、メンバーが再度ステージに登場し、アンコールの「流れ星」をメジャーデビューへの意気込みと言わんばかりにエモーショナルにパフォーマンスし、ライブは終了した。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

月9をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ