望月琉叶、ボカロPのNemによるプロデュース楽曲「緋炎歌」を配信

2023年1月24日(火)12時45分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



歌手、グラビアアイドルとして活躍する望月琉叶が、2022年10月よりスタートさせた5人の有名ボカロPとタッグを組み5カ月連続で新曲を配信リリースする企画の第4弾シングルの詳細を発表した。新たなボカロPは「嗚呼、素晴らしきニャン生」「夢喰い白黒バク」「シザーハンズ」などのミリオン再生“ボカロ曲”を手掛けるNemプロデュース作品に決まり、1月31日(火)に「緋炎歌」が配信リリースされる。

望月は学生時代から「演歌」と「ボカロ」に興味があり、歌手になる夢を持ち続けてきた。今回のプロジェクトは、演歌歌手として順調なスタートを切り一つの夢を叶えたが、ボカロPと音楽を作りたいというもう一つの夢をどうしても叶えたかった望月が自ら望んで提案した企画であり、ニコニコ超会議を主催するドワンゴが全面バックアップする形で5人のボカロPとのコラボレーションが実現した。

第1弾シングル「MONSTER」では「シカバネーゼ(feat.Ado)」がYouTubeで1,200万再生されるなど多くのヒット曲を生み出すjon-YAKITORY(ジョンヤキトリー)を、第2弾シングル「ロジカリアン」では2020年に公開した『ボッカデラベリタ』がYouTube内で2,000万回を超える再生回数を達成した柊キライを、第3弾シングル「いっそあなたを」では2009年の楽曲「ロミオとシンデレラ」は沢山の歌ってみた作品が投稿されたdorikoをそれぞれプロデューサーに迎え、望月琉叶の新境地を表現してきた。

新たに発表された第4弾作品のプロデューサーであるNemは、「嗚呼、素晴らしきニャン生」「夢喰い白黒バク」「シザーハンズ」などのミリオン再生“ボカロ曲”を手掛けるボカロPで、鳥海浩輔、竹内順子、KENN、内山夕実、細谷佳正、江口拓也、Geroなど、多数の声優や歌い手にも楽曲提供実績を持つ。

「緋炎歌」は、演歌のメロディーとジャズアレンジが融合したダイナミックに展開する楽曲で、望月のボーカルは演歌調ながらも歌詞には「ぴえんぴえん」「裏垢」「ブロック」「サムネイル」「マツエク」といった令和ならではのワードが並ぶ失恋ソングだ。

2月にリリース予定の第5弾のボカロPも今後発表される予定だが、この企画を締めくくるにふさわしい注目のボカロPが既に決定しているとのことなので、続報を楽しみに待とう!

配信シングル「緋炎歌」

2023年1月31日(火)配信

COKM-44022

作詞・作曲・編曲:Nem

配信シングル「MONSTER」

配信中

■配信リンク
https://lnk.to/MONSTER1015

COKM-44019
作詞・作曲・編曲:jon-YAKITORY

配信シングル「ロジカリアン」

配信中

■配信リンク
https://lnk.to/COKM44020

COKM-44020
作詞・作曲・編曲:柊キライ

配信シングル「いっそあなたを」

配信中

■配信リンク
https://lnk.to/COKM-44021

COKM-44021
作詞・作曲・編曲:doriko

OKMusic

「グラビアアイドル」をもっと詳しく

「グラビアアイドル」のニュース

「グラビアアイドル」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ