“甘い物好き”志尊淳、『Hanako』カバーで話題の「ルビーチョコ」を甘噛み

1月24日(木)9時0分 オリコン

志尊淳が表紙を飾った『Hanako』3月号(1月28日発売)(C)マガジンハウス

写真を拡大

 俳優の志尊淳(23)が、28日発売のライフスタイルマガジン『Hanako』3月号(マガジンハウス)の表紙に登場。ピンクのチェック柄の服をまとい、“第四のチョコレート”といわれるピンク色の「ルビーチョコレート」を頬張った。

 バレンタイン直前の今号の特集は、昨年夏に好評だった「ひんやりスイーツと夏の男。」の冬バージョン「チョコレートと冬の男。」。昨年はNHK連続テレビ小説『半分、青い。』など多数の話題作に出演し、いま最も注目を集める志尊がチョコレートを甘噛みする表情は、見るものを思わずキュンとさせる。

 誌面では「寝ても覚めてもチョコレート」と題し、現存するチョコレート4種類【ミルク、ダーク、ホワイト、ルビー】の世界観を表現したセットで撮影。志尊は本を読みながら、洋服を整理しながら、時には寝ながら、チョコレートをもぐもぐ食べる。作り込んだ世界観の中で、ナチュラルなしぐさや表情を披露しており、“ありそうでない”テイストの10ページに仕上がっている。

 インタビューでは開口一番に「僕、甘いものには目がないんです」と語る志尊。一日に数種類のチョコレートを食べ比べることもめずらしくないほどのスイーツ好きで、「もちろん、チョコレートも大好きです。特に好きなのはトリュフチョコ。ビターなものよりも、甘いミルクチョコレートのほうが断然好みですね。まだまだ味覚が子供なんだと思います(笑)」と好みを明かしている。

 同特集にはそのほか、GENERATIONSの片寄涼太、俳優の伊藤健太郎濱田岳が登場する。

オリコン

「志尊淳」をもっと詳しく

「志尊淳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ