自由な発想もコスプレの魅力「『笑う犬』ミル姉さんコスに挑戦したい」

1月24日(金)7時0分 オリコン

(左から)『グラブル』ソシエに扮したコスプレイヤーはのんさん、『FGO』ブラダマンテ”に扮したちょびさん、『グラブル』ジータに扮したもいもいさん (C)oricon ME inc.

写真を拡大

 年末に実施され、総来場者数75万人を記録した『コミックマーケット97』のみならず、昨今では毎週末、全国で大小さまざまなコスプレイベントが開催。かつては“隠れて楽しむ趣味”であったコスプレは、いまや“日本を代表するポップカルチャーの一角”として広く認知されるようになり、テレビ番組や雑誌のグラビアページなどでも、コスプレイヤーの活躍を目にする機会が増えてきている。こちらの記事では、東京・池袋東口エリアのコスプレイベント『acosta!(アコスタ)』を取材して見つけた、ハイレベルなコスプレイヤーたちを紹介。衣装制作でこだわったポイントなども聞いてみた。

 『グランブルーファンタジー(以下、グラブル)』のジータに扮するもいもいさんと、ソシエに扮するはのんさんは、スタジオで撮影していた際に偶然知り合ったそうで、同じ『グラブル』ファンということもあり、その場で意気投合。今ではコスプレの“併せ”を楽しむだけでなく、一緒にイベントにも遊びに行ったりしているという。

 ふたりとも衣装にはこだわりがあるらしく、もいもいさんは「尻尾のモコモコ感を再現したくて。百円ショップで買ったレッグウォーマーを繋げて、中に針金と綿を詰めて作りました。スカートもふわっとボリュームのある感じに仕上げたかったので、下にパニエを3枚重ねて履いています」と話してくれた。

 一方のはのんさんは、ソシエが携える巨大な扇子を自作したそうで、「本物の扇子に近い質感を目指したくて、障子紙の貼り替えが得意な父に手伝ってもらいながら、和紙を貼って作りました」とのこと。続けて、今後挑戦してみたいコスプレを聞いてみると、「小学生の頃に見ていた『笑う犬の生活-YARANEVA!!-』に登場していたミル姉さんですね。コスプレを卒業するまでに、一度は挑戦したいと思っています」という、意外な回答が飛び出した。

 サンシャインシティの屋外エリアで撮影させてもらったちょびさんと、いはるさんは“ふたりとも『Fate/Grand Order(以下、FGO)』のブラダマンテ”という、ちょっと変わった形での併せを楽しんでいた。ちょびさんに衣装選びの理由を聞いてみると、「たまたまふたりとも、同じキャラクターの別バージョン衣装を持っていて、お互いに“そっちの衣装を着てみたい”という話で盛り上がったんです。だったら交換して併せをしよう…ということになり、遊びに来ました」とのこと。

 今年は『FGO』以外の作品のコスプレにも挑戦したいそうで、ちょびさんは「衣装や武器作りも含めて、『グラブル』のコスプレをしてみたいです」とコメント。一方のいはるさんは『IdentityV 第五人格』に興味があるらしく「踊り子が好きなので、今年のうちに全バージョンのコスプレをしてみたいです」と話してくれた。

取材・文=ソムタム田井

オリコン

「コスプレ」をもっと詳しく

「コスプレ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ