美少女5人組ユニット・821、デビュー会見で飛躍誓う「魅力的な表現者になりたい」

1月24日(金)15時19分 オリコン

デビュー会見を行ったボーカル&ダンスユニット「821」(左から)ユリナ、カンナ、アオ、レイア、リコ (C)ORICON NewS inc.c.

写真を拡大

 2018年開催の『第43回ホリプロタレントスカウトキャラバン』の合格者で結成した5人組のボーカル&ダンスユニット「821(ハニー)」が24日、都内でデビュー会見を行い、初々しさをのぞかせながら意気込みを語った。

 同ユニットは、アオ(12)、カンナ(15)、レイア(14)、ユリナ(14)、リコ(13)の5人。メンバーのビジュアルは月刊少女漫画誌『りぼん』で完結した『きみとゆめみる羊』最終話の中で初公開。5人はホリプロに所属し、2月28日に1stデジタルシングル「WHO」でデビューを飾る。

 アオが「デビュー曲は、私たちの自己紹介ソングになっています!」と元気いっぱいにアピールすると、リコも「一回、聴くと絶対に忘れられないリズムとメロディが聴きどころです!」と手応えをにじませる。ミュージックビデオでは、殺陣シーンにも初挑戦した。

 ユニット名の「821」は142番目の素数で「ユニットそのものが誰にも割らせない唯一無二なものであり、一人ひとりが個性と言う輝きを発揮する特別な存在になっていけるように」との願いが込められている。

 今後の目標を問われると、レイアは「将来の夢は女優さん。欲を言えば石原さとみさんのようになりたい!」と明かし、ユリナも「アクション、コメディの作品に出れるような魅力的な表現者になりたい!」と気合十分。カンナは「みんなと高い目標を持ちながら、グループとしても、個人としても活躍できるよう頑張りたいです!」と飛躍を誓っていた。

オリコン

「ユニット」をもっと詳しく

「ユニット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ