“尻女神”璃乃、ご無沙汰おしりーの披露に「Tバックを!」の声 “生おっぱい作り”に矢口真里も興奮!

1月24日(火)12時0分 おたぽる

璃乃公式がTwitterより

写真を拡大

 14日、アイドルグループ・アイドル諜報機関LEVEL7の璃乃が自身のTwitterに「おしりーのショット。最近ないねって言うから」とツイートし、水玉模様のビキニを着て、鏡にお尻を突き出して自撮りした画像をアップ。これを見たファンからは、「女神の美尻、やっぱり最高です!」「ご無沙汰だったから、余計に興奮します!」などと、喜びの声が相次いだ。

 璃乃は、2014年に、“女スパイ”をコンセプトに結成された、アイドルグループ・アイドル諜報機関LEVEL7で、コードネーム“おしりーの”として活動する傍ら、その美尻を武器に、グラビアでも活躍。15年には『ミス東スポ2015』や『男の青汁2015』のイメージガールに選ばれるなど、尻フェチ男性を中心に注目を集めている。

「普段は美尻を前面に押し出している璃乃ですが、確かにここ最近は、ライブでの様子や、撮影会での振り袖姿などがアップされることが多く、おしりーのショットが少なかったため、おねだりに応える形で、久しぶりのおしりーのショット披露にファンは沸いたようです。ただ、おねだりすれば何でも叶えてくれる、と勢いづいた一部のファンからは『Tバック穿いておしりーのショットを!』『俺は生尻を希望する』などと、過激なリクエストも飛び出し、璃乃がリクエストに応えてくれるかどうか、ファンは注視しているようです」(芸能関係者)

 先月13日にインターネットテレビ局『AbemaTV』で生放送された『矢口真里の火曜TheNIGHT』に出演した際には、「水着を着てきたのでお尻をさらけだしてもいいですか?」と、自身の最大の武器であるお尻を積極的に売り込む姿を見せていた璃乃だけに、どんな過激なリクエストにも応えてくれるのではないか、とファンに期待を抱かせる魅力がある。

「アイドル諜報機関LEVEL7のメンバーである佐々木麻里、安永光希と共にゲスト出演した璃乃は、シャツにショートパンツ姿で登場したのですが、その下に水着を着こんでいたようで、自身も初めてという“生脱ぎ”を披露し、『エロハプニング、カモン!』『生脱ぎ、最高!』などとファンを興奮させていました。また、グラビア活動の経験から『おっぱいは作れる』と悟ったという璃乃は、ヌーブラを使って胸の谷間を作ってみせ、番組MCを務める矢口真里を興奮させるなど、番組にしっかりと爪痕を残していました」(同)

 自分の持ち味をグイグイと積極的に売り込むポジティブな姿勢は、バラエティにもってこい。今後は、バラドルとしての活躍も期待される。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

矢口真里をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ