菅田将暉「星を仰ぐ」が2/1(月)に配信リリース決定! ジャケット写真も公開!

1月24日(日)18時0分 Rooftop

菅田将暉_A写_s.jpg
2017年から本格的に音楽活動を開始し、音楽アーティストとしても注目される菅田将暉。2019年リリースの「まちがいさがし」は各配信ストアにて1位を席捲し、ストリーミング2億回再生を突破。『第70回NHK紅白歌合戦』への初出場を果たし、『第61回 日本レコード大賞』特別賞も受賞するなど音楽の活躍も目立っている。

そんな彼の新曲「星を仰ぐ」が2021年2月1日(月)に配信リリースすることが決定した。この楽曲は本日第2話が放送の日本テレビ系1月期日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』の主題歌となっている。このドラマは、日本テレビとHuluが共同製作する作品で、竹内涼真演じる主人公の間宮響がトンネル滑落事故に遭い、脱出後に目にしたのは"生ける屍"が蔓延る世界だったーーそんな"終末世界"で生き延び、恋人と再会しようと奮闘する姿を描く。

楽曲の作詞作曲を手掛けているのは、弱冠20歳の新世代クリエイターMega Shinnosuke。今回菅田は楽曲を制作するに当たって、自ら演出家、ドラマプロデューサーらとの楽曲打ち合わせから参加。主題歌のイメージを膨らませ、Mega Shinnosukeに楽曲を依頼した。サウンドプロデュースにはいきものがかりあいみょんらの楽曲を手掛ける田中ユウスケらを迎え、菅田がコンセプトづくりから制作に携わっている。

今まで当たり前だった世界が一変したとき大切な人に向ける想いを、飾らず歌い上げるバラードになっている。そして、本日ジャケット写真も公開。

星を仰ぐ_ジャケット.jpg

Rooftop

「菅田将暉」をもっと詳しく

「菅田将暉」のニュース

「菅田将暉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ