注目ワード医師・医師監修 斉藤由貴・不倫 僕たちがやりました・最終回 わいせつ・逮捕 中国・メディア 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

故加藤武さん 笑わせる意識で芝居したら一巻の終わり

NEWSポストセブン1月24日(日)16時0分

 2015年に亡くなった名優、故加藤武さんは文学座の舞台で役者デビューし、黒澤明監督作品や市川崑監督作品など多くの映画にも出演した。ヤクザなど怖いイメージの役柄が多かった故加藤さんが生前語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。


 * * *

 2015年7月に亡くなった加藤武は、数々の名作映画で観る者を釘付けにする名演技を見せてきた。本連載にご登場いただいた際には、その代表作の裏側を語っていただいている。


 1950年代から1960年代にかけて今村昌平監督の初期作品に相次いで出演、中でも『豚と軍艦』での、戦後社会をしたたかに生き抜くヤクザの役は強烈な印象を残した。加藤と今村は大学の同期でもある。また、今村組のレギュラー俳優・小沢昭一とは中学から大学までを共に過ごした親友同士だ。


「今ヘイ(=今村)は友達だから、俺の性格を見抜いているんだ。『豚と軍艦』は獰猛なヤクザだったけど、実際の俺は獰猛でもなんでもない。顔は怖いけど、臆病で気は小さい。彼はそれをちゃんと知って、あえて人肉を食った豚を食べながら麻雀をやるような役をやらせるんだよ。


 小沢は手練れ、油断も隙もない相手ですよ。しっかりしていないと、すぐに意外な所で向こう脛をかっさらってくる。もちろん、それはウケを狙っているんじゃなくて彼なりの役の必然性を持って芝居をやっている。


 その芝居にびっくりしたら負けだからね、絶えず緊張感がある。こっちもアイツと共演する時はしっかりしていないと。長年の友達もへったくれもない。今ヘイはそういうのをやらせながら、ほくそ笑んでいるんだよ」


 一方、1970年代になると深作欣二監督『仁義なき戦い』シリーズのヘタレな親分・打本や、市川崑監督『犬神家の一族』に始まる金田一耕助シリーズでの「よし、分かった!」と言っては素っ頓狂な推理を披露する警察といった、コミカルな役柄でも観客を沸かせている。


「『仁義なき〜』はやりよかったね。自分をそのままやってればいいから。ああいう親分、面白いよね。見栄ばかり張って、『殺ってやれ』とか言ってるのにテメエはおどおどしている。深作さんがちゃんと俺を見て配役をしてくれた。そうしてくれると自分もやる気になる。いい監督って役者を見てるんだ。ガラだけじゃなくて性格まで。


 金子信雄さんも面白かった。文学座の大先輩だけど、現場に行ったら先輩も後輩もないからね。役者としてのぶつかり合いだから。それでやるから、自然とああいう画になっていく。市川崑さんも役者の芝居を引き出すのが上手い。冗談を言いながらリラックスさせてくれるから、現場でもホッとするんだ。


 俺の役は原作にはなくて崑さんが作った。おどろおどろしいばかりだったら、お客がくたびれちゃう。ホッとさせる瞬間が欲しい。だからコメディ・リリーフって必要なんだ。崑さんはそこを計算していた。しかも、いかつい顔をした俺にその役を振ったのが上手いとこだよね。


 でも、笑わせようという意識持って芝居したら絶対にダメ。役者としては一巻の終わりだよ。


 真面目にやらなきゃ。ウケようと思ってやった芝居は厭らしい。引っくり返ってコケるにしても、一生懸命になるから客観的に観て面白いんだよ。真剣に転ぶから観客にはおかしい。あざとい芝居は見ていられない」


■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』(文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』『市川崑と「犬上家の一族」』(ともに新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。


※週刊ポスト2016年1月29日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「加藤武」をもっと詳しく

注目ニュース
斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンティー被り写真」が重大とのワケは... J-CASTニュース9月21日(木)18時24分
不倫騒動で揺れる斉藤由貴さん側が、次期NHK大河ドラマ「西郷どん」への出演を辞退する申し出を行った。NHKが2017年9月21日、発表した。[ 記事全文 ]
「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然 まいじつ9月21日(木)17時30分
(C)Shutterstock窪田正孝や永野芽郁、新田真剣佑といった若手の人気キャストをそろえ、漫画作品をドラマ化した『僕たちがやりました…[ 記事全文 ]
陣内智則「面白さのカケラもなくなってる」 ネットニュースが書けなかった本当の面白さとは... J-CASTニュース9月21日(木)20時5分
お笑い芸人の陣内智則さん(43)が、テレビ番組での発言をもとに書かれたインターネットニュースに対し、「微妙な書き間違えでニュアンスも変わり…[ 記事全文 ]
NEWS手越祐也によるイモトアヤコの“安室愛”への神反応が話題「ステージに立つ人だからこそわかること」 モデルプレス9月21日(木)15時2分
【手越祐也/モデルプレス=9月21日】歌手の安室奈美恵が20日、来年9月16日で引退することを発表。[ 記事全文 ]
マリオ新作、シリーズ初の「年齢指定」 理由は...「マリオの海パン」!?任天堂に聞く J-CASTニュース9月21日(木)7時0分
ニンテンドースイッチ用ゲーム「スーパーマリオオデッセイ」に、「CEROB」(12歳以上対象)指定がついた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然まいじつ9月21日(木)17時30分
2 斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンティー被り写真」が重大とのワケは...J-CASTニュース9月21日(木)18時24分
3 陣内智則「面白さのカケラもなくなってる」 ネットニュースが書けなかった本当の面白さとは...J-CASTニュース9月21日(木)20時5分
4 NEWS手越祐也によるイモトアヤコの“安室愛”への神反応が話題「ステージに立つ人だからこそわかること」モデルプレス9月21日(木)15時2分
5 本田翼「演技力成長ゼロ」SPドラマで酷評まいじつ9月21日(木)10時35分
6 マリオ新作、シリーズ初の「年齢指定」 理由は...「マリオの海パン」!?任天堂に聞くJ-CASTニュース9月21日(木)7時0分
7 安室奈美恵引退の「経済効果」は兆単位!?まいじつ9月21日(木)17時31分
8 フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由アサ芸プラス9月21日(木)5時59分
9 <TGS2017美女図鑑>東京ゲームショウ2017を彩る美人コンパニオンたちを一挙掲載BIGLOBEニュース編集部9月21日(木)17時44分
10 小室哲哉、引退発表の安室奈美恵へ思い明かすモデルプレス9月21日(木)22時7分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア