故加藤武さん 笑わせる意識で芝居したら一巻の終わり

1月24日(日)16時0分 NEWSポストセブン

 2015年に亡くなった名優、故加藤武さんは文学座の舞台で役者デビューし、黒澤明監督作品や市川崑監督作品など多くの映画にも出演した。ヤクザなど怖いイメージの役柄が多かった故加藤さんが生前語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。


 * * *

 2015年7月に亡くなった加藤武は、数々の名作映画で観る者を釘付けにする名演技を見せてきた。本連載にご登場いただいた際には、その代表作の裏側を語っていただいている。


 1950年代から1960年代にかけて今村昌平監督の初期作品に相次いで出演、中でも『豚と軍艦』での、戦後社会をしたたかに生き抜くヤクザの役は強烈な印象を残した。加藤と今村は大学の同期でもある。また、今村組のレギュラー俳優・小沢昭一とは中学から大学までを共に過ごした親友同士だ。


「今ヘイ(=今村)は友達だから、俺の性格を見抜いているんだ。『豚と軍艦』は獰猛なヤクザだったけど、実際の俺は獰猛でもなんでもない。顔は怖いけど、臆病で気は小さい。彼はそれをちゃんと知って、あえて人肉を食った豚を食べながら麻雀をやるような役をやらせるんだよ。


 小沢は手練れ、油断も隙もない相手ですよ。しっかりしていないと、すぐに意外な所で向こう脛をかっさらってくる。もちろん、それはウケを狙っているんじゃなくて彼なりの役の必然性を持って芝居をやっている。


 その芝居にびっくりしたら負けだからね、絶えず緊張感がある。こっちもアイツと共演する時はしっかりしていないと。長年の友達もへったくれもない。今ヘイはそういうのをやらせながら、ほくそ笑んでいるんだよ」


 一方、1970年代になると深作欣二監督『仁義なき戦い』シリーズのヘタレな親分・打本や、市川崑監督『犬神家の一族』に始まる金田一耕助シリーズでの「よし、分かった!」と言っては素っ頓狂な推理を披露する警察といった、コミカルな役柄でも観客を沸かせている。


「『仁義なき〜』はやりよかったね。自分をそのままやってればいいから。ああいう親分、面白いよね。見栄ばかり張って、『殺ってやれ』とか言ってるのにテメエはおどおどしている。深作さんがちゃんと俺を見て配役をしてくれた。そうしてくれると自分もやる気になる。いい監督って役者を見てるんだ。ガラだけじゃなくて性格まで。


 金子信雄さんも面白かった。文学座の大先輩だけど、現場に行ったら先輩も後輩もないからね。役者としてのぶつかり合いだから。それでやるから、自然とああいう画になっていく。市川崑さんも役者の芝居を引き出すのが上手い。冗談を言いながらリラックスさせてくれるから、現場でもホッとするんだ。


 俺の役は原作にはなくて崑さんが作った。おどろおどろしいばかりだったら、お客がくたびれちゃう。ホッとさせる瞬間が欲しい。だからコメディ・リリーフって必要なんだ。崑さんはそこを計算していた。しかも、いかつい顔をした俺にその役を振ったのが上手いとこだよね。


 でも、笑わせようという意識持って芝居したら絶対にダメ。役者としては一巻の終わりだよ。


 真面目にやらなきゃ。ウケようと思ってやった芝居は厭らしい。引っくり返ってコケるにしても、一生懸命になるから客観的に観て面白いんだよ。真剣に転ぶから観客にはおかしい。あざとい芝居は見ていられない」


■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』(文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』『市川崑と「犬上家の一族」』(ともに新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。


※週刊ポスト2016年1月29日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

加藤武をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ