テレ朝局内不倫報道 田中萌アナと加藤泰平アナの明暗

1月24日(火)16時0分 NEWSポストセブン

局内不倫の代償は?(「グッドモーニング」HPより)

写真を拡大

〈皆様 おはようございます。(中略)このたび、アナウンス部との兼務でスポーツ局でお世話になることになりました、加藤泰平と申します〉


 これは、昨年末にテレビ朝日の田中萌アナ(25)との不倫が報じられた、同局の加藤アナ(33)が、異動の際に新部署となるスポーツ局の人々に送ったメールだ。テレ朝関係者が加藤アナの現状をこう説明する。


「加藤は入社10年目にもかかわらず、スポーツ局で新入社員がやらされる雑務を受けもっています。


 それが苦痛なのか、会話の中でやたらと『こちら(スポーツ局)にはアナウンス部との兼務で来てます』と、やたらと『兼務』を強調してきます。本人はすぐにでもアナウンサーに戻れると思ってるみたいです」


 加藤のプライドの高さがうかがえるが、実際は「アナウンス部復帰のめどが立っていないどころか、今年6月の人事異動では『兼務』が解けてスポーツ局専任になるだろうといわれています」(同前)という。


 一方で、騒動前は癒し系天然キャラで人気だった田中アナには、早くもアナウンサー復帰の話が。昨年12月には、一度限りではあったものの、深夜枠のバラエティ番組で司会としてテレビに“復帰”している。


「その後、番組出演はしていませんが、局内ではさまざまな復帰計画が練られています。例えば過去に大きな過ちを犯したタレントたちが講義する『しくじり先生』などに出演させてみてはどうかといった声も。数少ない人気女子アナですから、報道は無理でも何とかバラエティで活躍の場を用意したいというのが本音です」(別のテレ朝関係者)


 過去には同局の久冨慶子アナ(28)やフリーの小林麻耶(37)などの女子アナが出演した実績がある。田中アナが出演すれば大きな反響を呼びそうだ。田中の知人が語る。


「先日、『ろくに食事も取れていないだろう』と心配になって萌ちゃんに電話したんです。そしたら『ゴハンは妹が買ってきてくれるし、仕事の方も、会社が私を守ってくれるから大丈夫』と笑っていました」


 オジさんファンはあの笑顔が戻ってくるのを待ってるよ。


※週刊ポスト2017年2月3日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

田中萌をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ