安倍首相 もう一枚の「悪だくみ写真」と北新地クラブ騒動

1月24日(水)11時0分 NEWSポストセブン

増岡氏(右上)安倍氏(右下)籔本氏(左下)松崎氏(右上)(松崎氏フェイスブックより)

写真を拡大

 安倍晋三首相(63)と加計孝太郎(加計学園理事長・66)の私的交流が政界スキャンダルに発展した“発端”は、安倍昭恵夫人(55)がフェイスブックに載せた「悪巧み写真」だった(※)。だが、そうした“悪だくみ”の匂いを漂わせる別の写真が存在することは知られていない。そこに写る人物は「大阪医療界の寵児」として知られる人物である。


【※男たちの悪巧み:昭恵夫人が2015年12月24日、この言葉とともにフェイスブックに投稿した、安倍氏と友人たちとのプライベート写真。左から加計孝太郎氏、高橋精一郎氏、安倍氏を挟んで増岡聡一郎氏。会合は、増岡氏が専務を務める東京駅前の鉄鋼ビルディングで行なわれた】


 ノンフィクション作家の森功氏がこの“別の写真”についてレポートする。(文中敬称略)


 * * *

「ああ籔本さん、私は総理を介して知りましたが、お二人がどういうご縁でお付き合いが始まったのか、わかりません。スリーハンドレッドのゴルフのとき、松崎勲君といっしょにラウンドしようとなり、それでもうひとり誰かいないか、となった。たしか『それならヤブちゃんがいいのでは』と総理がおっしゃったんだったと思います。それで初めてお会いしました」


 東京駅八重洲口に隣接する鉄鋼ビル専務の増岡聡一郎(55)に聞くと、そう答えてくれた。スリーハンドレッドクラブは東急電鉄二代目社長、五島昇の肝煎りでつくった日本屈指の名門ゴルフ場として知られる。メンバーは厳選された政財界の著名人300人しかいない。祖父の岸信介の代からクラブのメンバーとなってきた安倍晋三は、短い休暇のときにしばしばここを利用してきた。


 2014年7月21日もそうだったのだろう。増岡や松崎らとともにスリーハンドレッドで好きなゴルフを楽しんだ。松崎は昭恵の実弟で、現在、森永製菓グループの森永商事で社長を務めている。


 通常ゴルフは4人組でラウンドする。そのため籔本雅巳(57)を誘ったのだという。安倍昭恵の「男たちの悪巧み」写真と同じように、松崎はこのときクラブハウスで撮影した4人の写真を自らのフェイスブックに投稿した。それが加計学園問題のさなかに蒸し返され、「何者なんだ」と一部で取り沙汰されたのである。


 籔本は大阪で医療法人「錦秀会」の理事長を務める。東京では馴染みが薄いかもしれないが、錦秀会は入院ベッド数で、あの徳洲会グループに次ぐ日本屈指の規模を誇る。籔本はそのマンモス医療法人グループを率いている。首相の他の友人たちと同様、籔本もまた先代、秀雄のあとを継いでグループCEO(最高経営責任者)に就いた二世経営者である。それだけに、安倍とも相通じるものがあるらしい。二人の絆は想像以上に深い。


◆大阪から駆けつけた


 野党が国会で加計学園問題を激しく追及していた昨年6月、スリーハンドレッドとは別の写真が持ち出されたことがあった。現・自民党幹事長代行である萩生田光一(54)のブログにアップされていた2013年5月5日のバーベキュー風景の写真だ。自然に囲まれ、缶ビールを手にしながら、安倍と萩生田、加計学園の加計孝太郎が笑顔で写っていた。自民党が政権にカムバックした半年後のゴールデンウィークに、安倍が自ら所有する山梨県鳴沢村の別荘に友人を招いて休暇を楽しんだ。その時の写真だ。


 話題は萩生田と加計の関係に集中した。が、実は籔本はここへも大阪から駆け付けている。バーベキュー料理を堪能した首相一行は翌6日、早朝からゴルフに興じた。場所は安倍夫妻の行きつけの「富士桜カントリー倶楽部」で、ゴルフには4組、16人が参加した。首相主催のちょっとしたミニコンペである。そのメンバー表によれば、こうだ。


〈一組目:安倍晋三、加計孝太郎、長瀬文男会長、長瀬朋彦社長

 二組目:萩生田光一、中山泰秀、籔本雅巳、森下竜一

 三組目:今井尚哉、柳瀬唯夫、大石吉彦、本田悦朗

 四組目:安倍昭恵、加計泰代(加計夫人)、長瀬有紀子(長瀬朋彦社長夫人)、萩生田潤子(萩生田夫人)〉


 メンバーを簡単に説明すると、長瀬文男と朋彦は兄弟でともに安倍と同じ成蹊大学出身。「イマジカ・ロボット ホールディングス」を経営し、安倍とは家族ぐるみの付き合いだ。3組目は秘書官、官僚グループで、4組目が夫人グループである。


 籔本は2組目で、大阪を選挙区とする代議士、中山泰秀や大阪大学医学部教授の森下竜一と同じ組でプレーしたようだ。


 中山は、建設大臣などを歴任してきた中山正暉を実父に持つ大阪選出の二世議員で、第二次安倍政権が発足すると、外務副大臣に抜擢された。安倍チルドレンの兄貴分に位置付けられる中山には、安倍と共通の支援者が多い。


◆北新地のパーティ


 安倍晋三の関西人脈──。かつて全国の公共事業を牛耳ってきた自民党田中派の流れをくむ実力政治家たちは、地方の主要都市に後援組織やスポンサーを開拓し、資金力を培ってきた。半面安倍に関しては、地元山口県や北九州地方の後援者の話はときおり耳にする。だが、大阪とのつながりはあまり知られていない。大阪市長だった橋下徹や府知事の松井一郎と定期的に食事会を開き、安倍政権が憲法改正で歩調を合わせる維新の会を後押ししてきたイメージはあるが、そのほかに関西との接点はほとんど報じられてこなかった。


 一方、籔本でいえば、ネット上にある〈安倍晋三ファンページ〉の、〈アベノニッシ(2017/5/4) 〜安倍総理の一日〜〉にこうも書かれている。


〈【午前】6時48分、山梨県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」。増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、籔本雅巳錦秀会グループCEOらとゴルフ。


【午後】2時24分、別荘。5時33分、昭恵夫人、萩生田光一官房副長官、長谷川栄一首相補佐官、秘書官らとバーベキュー〉


 休みになると、大阪から馳せ参じて安倍とゴルフに興じる籔本。いったいどのような間柄なのだろうか。


「ヤブちゃんにとって安倍さんは、総理になるずっと前からの付き合いやさかい、それは親しいですよ。安倍さんが総理に返り咲いた次の年でしたか、北新地に安倍さんを招待して大騒ぎになったこともありました」


 高級クラブが軒を並べる大阪の繁華街、北新地を探索すると、そう話すママもいた。加計学園の加計といい、夫人の昭恵といい、長年持病の潰瘍性大腸炎のせいでアルコールを受け付けなかった本人の周囲には、なぜか酒豪が多い。巨大医療法人グループを率いる籔本の豪遊ぶりもまた、北新地ではかなり有名なようだ。


「4年近く前、ヤブちゃんの行きつけのクラブが3軒目の系列店を出すことになり、彼がお祝いしようとママに持ちかけた。で、総理を招待しようと。北新地の牛寶という松阪牛の懐石料理店で食事して、そのあと店を貸し切りにしてパーティを開くという趣向をヤブちゃんが考えたみたい。クラブのオープン記念で時の総理を呼べるくらい力があるんやね、と新地で評判でした」


 北新地の事情通はそう言った。グルメサイトでは、牛寶は滅多に予約の取れない高級店で、「ひとり当たり3万円〜」と書かれているが、実際は7万円以上、10万円近くかかることも珍しくない。事情通が囁く。


「ヤブちゃんはひと晩何百万円も使うような人だから、そんなものは平気なんでしょう。医者仲間やクラブのママや女の子たちといっしょに牛寶で腹ごしらえをしてから、店に繰り出すつもりやったんやね。ところが、どこから総理のことが漏れてしもたんか、ひょっとすると黒塗りのハイヤーが牛寶の前にいたからかもしれへんけど、話が広まってもてね。総理が食べている最中に野次馬が100人くらい、店の前に集まって大騒動になってしもたんです」


 むろんお忍びの新地遊びだったが、こうなるとマスコミに嗅ぎつかれる恐れが大だ。結果、クラブのオープン記念パーティは急きょ中止になったという。


「安倍総理は予定を変更して、車に乗り込んでどこかへ行ってしまいました」(同前)


 このときの騒ぎは、今も北新地のクラブママの間で語り草になっている。


◆先代同士の付き合い


 籔本は、大阪では後援会長として元外務副大臣の中山をバックアップしてきた。たとえば2016年12月9日、ホテルニューオータニ大阪「鳳凰の間」で開かれた政治資金パーティ「中山泰秀政経懇談会」には、安倍や細田博之、二階俊博といった自民党の重鎮たちとともに、籔本雅巳も発起人に名を連ねた。自民党大阪府連の幹部が打ち明けてくれた。


「今でこそ見かけませんが籔本さんと中山さんは、連れ立って北新地を飲み歩いている姿をよく見かけました。もう一人、籔本さんの病院建設をしてきた建設業者と3人で派手に飲むので、評判でした。隣の客が高価なワインを飲んでいると、『あれと同じもんをこっちでも開けろ』とやるので、評判がよくなかったけどね」


 昨年12月9日に中之島のリーガロイヤルホテルで開かれたパーティでも、籔本が中山の後援会長として挨拶した。したがって安倍と籔本の結びつきについて、一部では中山がパイプ役になっているという説もある。が、中山の実父で元建設大臣の正暉に聞くと、こう言った。


「籔本さんとは、先代(秀雄)と私が親しくさせてもろてまして支援してもろてます。だからうちは安倍さんとは関係のうて付き合っています」


 一方、元自民党府連代議士秘書はこう言った。


「籔本さん本人によれば、安倍さんとはお父さんの晋太郎さん時代からの付き合いだそうです。先代同士が親しくなり、そこから二代目の雅巳さんと安倍家との交友が始まったそうです」


 その籔本雅巳は、かつて元横綱朝青龍の大阪後援会長としてマスコミを賑わせたこともある。文字どおりのタニマチである。と同時に、自民党の医療政策に乗って急成長を遂げてきた大阪医療界の寵児でもある。


 とりわけアベノミクスがその後押しをしてきた。大阪では橋下・松井の“維新コンビ”で医療・社会保障分野に力を入れ、国家戦略特区構想を推進してきた。そこにも安倍のゴルフ仲間の影がちらつく。


※週刊ポスト2018年2月2日号

NEWSポストセブン

「首相」をもっと詳しく

「首相」のニュース

BIGLOBE
トップへ