ビートたけし、コロナ時代の一番ダメな行動を指摘 「まさにそれ」と賛同の声

1月24日(日)15時20分 しらべぇ

ビートたけし・北野武

24日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしがコロナ時代を生きる人々の生活について持論を展開。その内容に賛同が集まった。


■緊急事態宣言下の生活に持論

ビートたけしは番組終盤、1月8日に発令された緊急事態宣言下の生活について、「解除してもしなくても、しょうがないだろ」と話し、阿川佐和子が「は?」と言って笑う。

真剣な表情のたけしは「俺なんかは結局、緊急事態宣言の前から、自分の行動は自分で規制してるし、緊急事態宣言があったからって、行動は変わってない」と続けた。


関連記事:ビートたけし、新型コロナ対策は「堂々巡り」 「経済優先すると自殺増える」

■「自分なりに判断を」

さらに「若い人も、多分初めのうちは飲み屋行って、飲み屋が(自粛)やったから、あまり行かなくなったねってぐらいで、結局はそんな変わってないよね」と、現状を分析。

そしてたけしは「国がやるよりも、個人がこの今のコロナ禍っていう時代をどう生きるかを、自分なりに判断できないとダメだろ。

『緊急事態宣言なくなりました、さあみんなで飲みに行くぞ』みたいなのが、一番ダメだろ」と話した。

■賛同相次ぐ

たけしの指摘に「そう思う。緊急事態宣言だから外に出てはダメ、解除したら遊ぶという意識ではコロナは終わらない」「鋭いことを言っている。本当にそう思う」「自分で行動できる人とできない人が露骨に現れている。他人任せな人間は確かにダメ」と賛同の声が相次ぐ。

ただし「国任せな人間がいるからこそ緊急事態宣言が必要」「個人はともかく企業は宣言が出ていないとテレワークすら認めないところもある」「自制できる人間より、できない人間のほうが多い。宣言は自制に一定の効果はあると思う」という指摘も出た。


■昨年の宣言解除後は…

番組内でたけしが指摘したように、新型コロナウイルスが猛威をふるい、明確なワクチンや治療薬が流通していない現在では、たとえ緊急事態宣言が開けたとしても、手洗い・うがいや三密を避けるなどの行動が求められる。「開けた」と言って遊び呆けてしまっては、また感染者が急増してしまう。

しらべぇ編集部が昨年9月全国の10〜60代の男女1,844名に実施した調査では、「緊急事態宣言解除後も人との接触や会食を避けている」と答えた人は53.9%に留まっている。

緊急事態宣言解除後も人との接触や会食を全て避けなければいけないというわけではない。しかし治療薬やワクチンがない現在では、たけしの指摘通り、状況を自分で判断し、コロナに感染しないような行動を取る必要があるのでは。


・合わせて読みたい→緊急事態宣言の再発令を受け 経産省が「落ち着いた購買行動」呼びかけ


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治


【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2020年9月18日〜2020年9月23日
対象:全国10代〜60代の男女1,844名 (有効回答数)

しらべぇ

「ビートたけし」をもっと詳しく

「ビートたけし」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ