菜々緒の“美脚”に「絶世の美しさ」。さりげないポーズで魅了。

1月24日(土)17時40分 Techinsight

さりげなく脚を組む菜々緒。(画像は菜々緒 Instagramより)

写真を拡大


菜々緒がブランドものを身につけて脚を組んだ姿をInstagramに投稿して、「絶世の美しさ」、「綺麗すぎるよ女神さま!」とファンを喜ばせた。これまでも過激なポーズで美脚をアピールしてきた菜々緒だが、さりげない1枚だけに魅力が引き立つようだ。

ファッションモデルや女優としても活躍する菜々緒。プロフィールによると身長は172cm、股下85cmの9頭身とされる。それだけに立ち姿や前屈みになって美脚を強調するポーズが得意なイメージのある彼女だが、1月22日に『菜々緒 nanao_official Instagram』で公開した1枚は少し趣が違っていた。

化粧台に腰掛けて脚を組んだ菜々緒を撮ったもので、補足に「#FENDI #ChristianLouboutin #TiffanyAndCo」とあるようにブランド品を身につけているのだが派手さは無い。それでも、「美脚ですね」、「細長い、綺麗です」、「本当スタイル良くて綺麗で羨ましい」と絶賛されている。「どSを感じる!?」という見方もあり、とにかくインパクトは強烈だ。

映画『神様はバリにいる』では玉木宏演じる眼科医リュウの大学時代の恋人・香奈役で出演している菜々緒。バリ島のリゾートホテルでビキニ姿も披露している。共演した尾野真千子は、バリ島での撮影で主演の堤真一をはじめ男性陣が菜々緒にメロメロだったことについて、初日舞台挨拶で不満を漏らした。やはり多くの男性は本能的にそうなってしまうのだろう。

※画像は『菜々緒 nanao_official Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

菜々緒をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ